kiken22


改めて、過去の成績について説明します。
初期2015年10月14日~2016年2月中旬(1,000回目)、
小刻みジグザク(損得交錯)のBOXトレンドでは、デイトレとスイングのハイブリッド。
と言えば聞こえは良いのですが、
単に、建玉が相場に逆行したらそのまま放置し、
お祈り運トレへ切り替えて100円利確か100損切りで返済していました。
その結果が、当たるも八卦当たらぬも八卦、勝率50%程度のBOXトレンドとなっています。

中期2016年2月中旬~5月下旬(1,000~2,500回目)、小刻みジグザク(損得交錯)の下げトレンドでは、
期待値の安定性追求のため、運の排除、持ち越しを極力やらないよう努めました。
その結果、非力な予測能力が浮き彫りとなり、取ったり取られたりを小刻みに繰り返しながら順調に下降。

終期2016年6月1日~8月4日(2,500~2,705回目)、直線的(得連続)上げトレンドでは、
予測能力がそれだけ進歩したことを示します。
ただし、大きな下げ直線は予測誤り3枚全力投げを示します。

今後の課題は、何と言ってもサービス品質の向上。
安定性の追求です。