どの指標を参考にしても、同じ兆候で上がる場合もあれば下がる場合もある。
しかも、そうなる確率は一定ではない。この側面のみ捉えるなら、再現性のある値動き予測は不可能。

しかし、指標を組み合わせ板回転を見つめれば、
この場面なら同じ兆候でも、この後上げる可能性が高いとか低いとかが分かる。
FXなら、板回転の代わりにファンダメンタルを組み合わせれば、その後の値動きをある程度、
当てられる可能性がある。

これらを抜きにして、膨大なデータベースを元に学問として指標群を研究し尽くし、
その組み合わせや時間軸をいろいろ変え、ローソクにもいろいろな線を引いてみても、
決して予測には結びつかない。その理由は、それが適合する場合もあればしない場合もある。
静的蓄積のいかなる研究成果も予測への再現性はない、当たることもあれば外れることもある。

予測とは、確率論の範ちゅうであることには間違いない。
この場面なら、この先どちらかというと上げるだろうとか下げるだろう程度しか分からないし、
それがはずれることも多い。
大切なのは、それがはずれた時、はずれたと素早く認識できてかつ善後策が打てることである。
モンスターは、その予測が当たったときもはずれたときも、
両方とも「はずれ」に見せながら、思惑の方向へ引っ張っていく。
その魂胆まで見抜かないと、次のアクションは打てない。
結果、お祈り放置しか選択できない。

つまり、予測とは値動きだけでなく、その瞬間・瞬間のモンスターの本心へも思いをはせることを言う。
相場終了後、モンスターが残した足跡を追って、指標カーブにいろいろ理屈を付けてみても何の意味もない。
このことからも、いかなる過去データの蓄積からも未来の値動きは絶対に予測できないことが分かる(ランダムウォーク理論は正しい)
しかし、スイングなら地合次第で過去データの蓄積が効き、予測が当たったように勘違いさせることはできる。
この場合、どのような地合いに自分が位置したかは運である。
買いと放置ばかりやる人が長期安定する場合もあるだろうし、売りと放置ばかりやる人が長期安定する場合もある。
スイングにおいては、売り買い果敢にやるタイプの人の場合、短期破たんしか道は無い。