あまりにもくだらないので、
「攻めの両建て」「受けの両建て」の登場機会を増やして、
取引回数を増やそうとするのはやめました。

結局は、予測能力次第。

同じく、効率よく利益を稼ぐ手段としても、
両者は、使うべき場合もあれば、絶対に使ってはならない場合もあります。

それを片側に寄せて、いたずらに検証を繰り返しても無意味。
むしろ、検証結果を遅らせることになりかねません。

要は、予測能力がすべて。

それ以外は、リスク軽減対策に過ぎません。
リスクは、どこまでもリスクとして存在します。
投資の世界では、これをゼロにすることはできません。

ここを本末転倒しないよう、心がけたい。

「攻めの両建て」「受けの両建て」、
使いたいときは使うし、使うべきではないときは使わない。

それで、失敗したなら悔いは残らないし、
挽回する自信はあります。