その時、思いつく発想が取引数を増やす工夫。
普通は、中長期・短期関わらず減らす工夫を考えます。

なぜなら、もともと運の世界なので、運悪く▲ドカーンとやるリスクを減らすため。

しかし、私の場合、そこは眼中にない。
私の使命は、より安心・安全・右上がり安定、そこにだけ興味があります。

そして、最終目標は、お金持ちの大量生産。
もちろん、私自身を含めてのことですが。

それなら、そのためには、どうしたら良いかという発想もあるわけで、この世界を極めるには、方法はただひとつ。

モンスターを具の音も出ないくらい叩きのめすこと。

表現を変えれば、すべての相場で損益プラスを実現すること。
これしか、ありません。
その方法論として、私自身は、自ら推奨している完全未来予測がデイトレを実践している訳です。

さて、前置きはこのくらいしにして、本題ですが、当面、私が今検証したいのは、もしかして、忙しい相場ほど「受けの両建て」、のんびりほど「攻めの両建て」が、有効かもしれないこと。

2021.2.12以降、その是非について検証してみます。

モンスターは、およそ人間心理と逆を行きたがるで、
試してみる価値はあるかも知れませんね。

当然、両建てを絡める理由は、取引数を増やしつつ、予測精度の検証を加速させることができるから。

つまり、両建て中は、上げ下げ両面から分析・判断できるので、値動き予測能力スキルアップのためには、時間効率2倍、厳密には人間心の面を勘案するとそれ以上の効果があります。

発展途上で、申し訳有りません。
つまり、この検証でもう一度、▲ドカーンと地下(ビリ)にもぐる可能性があるということです。

しかし、確実な安心・安全を求めたいので、あしからず。