たぶん、正常な人間である以上、不可能と思います。
利益確定は早くしたいし、損失確定は先送りしたい。
人間である以上、極めて正常な精神、正常な判断と思います。
どこまで行っても、正常と思いますよ。
何せ、間違えば即破産へ直結する恐ろしい世界なので。

モンスターは、そこに付け込んで人間心理の逆をことごとく攻めます。

実は、モンスターに打ち勝つ方法は、たった一つしかありません。
それは、モンスターの手の内を先に知ること。
すなわち、あらかじめ未来の値動きを予測できること。
これ以外に、損大利小を克服し得る手段はありません。

現在、私は必要最低限の建玉数にて取引回数を増やし、
それでも損益プラスを維持できるための土台がためをしているところです。

しかし、2020.4以降、昼間帯に貼り付けるようになってから2020.10までは、
そうではありませんでした。
ワン屈折のチャンスを目がけて、過剰比重乗せナンピンでドバっとかじり、
その一撃である程度利益が出たらそこで終了。
それを頭かじり戦法と呼んでいた。
そして、頭かじり戦法こそ、最強と・・・。
その後、いかに大きなチャンスがあろうとも、
残りの時間は、相場から離れるというスタイルでした。
しかし、自分の中ではしっくりこなかった。
というか、相場から残り時間に何かできないかともどかしい気分なった。
もっと、確実に長期右上がり安定を実現する時間の使い方はないか、
自己のスキルアップに繋がる時間の使い方はないかと・・・。

そのようなスタイルでは、長期右上がり安定に向けた
スキルアップという面では、学習効率が悪すぎます。

そこで、2020.11以降は、
全時間相場に張り付いて徹底して必要最小限の建玉で取引回数を増やし、
それでも、2万円/日程度取れることを目標にトレードしてきました。

その結果で得られた答えは、
現状のスキルと相場環境にて、右上がり安定を実現し得る最善施策は、
9:30~15:10まで必要最低限の建玉でトレードすることだった訳です。

ということで、現在は、いかに大きなチャンスを目の前にしようとも、
安易に短時間で決着の付く過剰比重乗せナンピンは、
右上がり安定のスキルアップという面からは害なので意図的に封じています。