完全未来予測型デイトレにおいて、
決してエントリーしてはならない時間帯は最も活発な8:45からしばらくの間。
エンドの時刻を書けないのは、その日によって9:00までだったり、
9:30までだったり、あるいは10:00だったりとまちまちだから。

当該時間帯でのエントリーを避けるべき理由は、
予測原理の根幹に関わる、
目先の値動きと右脳に描いた未来の値動きとの相対性を把握できないから。
つまり、右脳が目先の下げを押し目であるか下げ勢いであるか、
あるいは目先の上げが戻りであるか上げ勢いであるかを判断するには、
あまりにも情報不足なのです。

ここで、寄り直後の勢いに乗って勝負すると
どうなるかについても触れておきます。

MACD曲線が強い下げトレンドで、しかも板回転は下げ勢い。
とりあえず1枚売って、仮にそこから上に行ってもそれは戻り、
戻り頂点に向かって売りの比重乗せナンピンを仕掛ける。
これで成功すれば良し。
しかし、当該上げは戻りではなく上げ勢いだった場合、
全力投げ、▲爆損、終了。

あるいは、MACD曲線が強い上げトレンドで、しかも板回転は上げ勢い。
とりあえず1枚買って、仮にそこから下に行ってもそれは押し目、
押し目底に向かって買いの比重乗せナンピンを仕掛ける。
これで成功すれば良し。
しかし、当該下げは押し目ではなく下げ勢いだった場合、
全力投げ、▲爆損、終了。

という感じですかね。

ところが、そもそも「未来予測型」という概念がない、
一般のデイトレーダーの場合、
ボラめがけて勢いのある方へスキャルピングが主なので、
8:45~10:00頃まではゴールデンタイムとなります。