今後も、売りも買いも、すへでのチャンスで
スキルアップの時間効率化を図ります。
しかし、悪癖「いつでもどこでもエントリー」とならないように。