したらば掲示板
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/business/22626/1536893377/l50
86: 名無しさん :2020/09/08(火) 13:58:20
システムが少し不安定だって口コミ見たけど・・・

株コミ
https://www.kabukomi.com/buzz.html?site_id=849
AA


したらば掲示板のご参照元は、
株コミ 3段目の件、「朝のお知らせメール」・・・不安定さ・・・と思われます。

まず、「朝のお知らせメール」とは、当該トレーダーの独自施策であり、
トレーダーが会員へ朝のお知らせメールを送ったけれども、
同トレーダーは、そのメールの通りにシグナル(注文)を出さなかったということです。
その点、当該会員は同トレーダーの判断に不安定さを感じたという意味です。


ちなみに、システム(プラットフォーム)の安定性については、
TRADERS CLOUDが取引ツールとして採用している、
別会社オートマチックトレード社のオートレユニコーン(証券会社とAPIで接続)の安定性に依存します。

トレーダーの取引信号に対する会員の約定率は100%、極めて安定しています。
会員の中で、最も不利な金額で約定した会員の取引履歴が公式ページに表示されることで、
会員自らその安定性を確認することができます。

加えて、株コミ一段目に象徴されますように、
これまで、「トレーダーの取引履歴と会員口座の履歴が一致していない」
という旨の苦情は一件も発生していないこと。

このブログがコメント欄を解放している理由も、
同苦情がございましたら、ぜひお知らせ頂きたい意味もあります。


なお、システム(プラットフォーム)としては極めて安定していますが、
デイトレーダーにとっての操作性は以下の通り、極めて劣悪、
大リーグボール養成ギブスそのものとなります。

 【大リーグボール養成ギブス、バネ一覧】

1. J-NETクロス取引の会員は、呼び値500円の会員に比較して、
 タイムラグ相乗作用のため、極度に不利な損益、
 すなわち利益は小さく損は大きくなる。

 しかも、トレーダーの取引ツール(オートレ)は、
 呼び値500円刻みであり、新規・返済ともに500円刻みで、
 利確・損切り判断している。
 つまり、トレーダーは、J-NETクロス取引会員の約定額を
 知ることができないまま、目隠し状態で500円刻みの取引を行っているのである。
 その結果は、毎回J-NETクロス取引会員の損益が会員の中で、
 極度に不利な損益として公式ページに公開される。
 本ブログも公式ページの数字を採用することとする。
 せめて、トレーダーの取引ツール(オートレ)にも、
 J-NETクロス取引会員の約定額と同じ数字が表示されなければ、
 損切り・利確のタイミングが判断できないではないですか。

2. ボタン操作から約定するまでに、新規(20秒)、返済(20秒)、往復40秒のタイムラグがある。
 したがって、同タイムラグを吸収するため、新規注文・返済注文は、
 すべて成り行きとしなければならない。

3. ナンピンの部分返済は不可能 (複数回に渡る保有中の玉に、個々の返済ボタンが存在しない)
例えば、1枚×10回のナンピンに対して、全返済ボタンをクリックしたとしても、
 20秒後に三分の一、40秒後に三分の一、60秒後に三分の一という具合に分散返済される。
 運が良ければ、20秒後に二分の一、40秒後に二分の一返済されることもある。
 しかし、20秒後に全返済されることはない。

4. 完全シングルタスクである。つまり、注文間のタイムラグ中に次の注文は実行されない。

5.連続注文禁止、注文間のタイムラグ中に連続的に次の注文ボタンを押すと、
 当該玉は没収され、その日は最大同時建玉数(10枚)から差し引かれる。


【それでも、完全未来予測型デイトレなら成り立つ】
 上述 劣悪環境にも関わらず、以下実績の通り、
 右上がり安定(2020.4.1~9.11)を実現していること自体、
 私が、完全未来予測型デイトレを実践している証拠でもあります。
 2020年4月       +205,000円
 2020年5月       +535,500円
 2020年6月       +208,400円
 2020年7月        +69,000円
 2020年8月       +160,900円
 2020年9月11日現在 +194,400円