人それぞれであり、客観的比較はできませんので私の主観で書いてみます。

1.レバレッジについて
(1)ビットコイン      4倍
(2)FX           25倍
(3)CFD(JPN225)     25倍
(4)日経225先物mini225  25倍
(5)株 信用取引      3倍

したがって、資金効率は(2)(3)(4)が良い。


2.デイトレの必須条件
◆証券会社 分析ツールの指標が豊富であること
(1)ビットコイン       △
(2)FX             〇
(3)CFD(JPN225)        〇
(4)日経225先物mini225    ◎
(5)株 信用取引       ◎

(1)~(3)は、物理的にリアルタイムで出来高を把握することは不可能なので、
出来高指標は存在しません。

◆値動きの原動力、板が存在すること
(1)ビットコイン        ×
(2)FX            ×
(3)CFD(JPN225)     ×
(4)日経225先物mini225    ◎
(5)株 信用取引       ◎

同じく(1)~(3)は、物理的に出来高をリアルタイムで把握することは不可能なので、板は存在しません。

◆呼び値(売買価格の刻み幅)が固定していること
(1)ビットコイン      ×
(2)FX            ×
(3)CFD(JPN225)     ×
(4)日経225先物mini225    ◎
(5)株 信用取引       ◎

(1)~(3)は、相場急変のたびにスプレッドが広がります。
呼び値が変動しては、利確損切りのタイミングが難しくなります。


3.デイトレ損益が長期右上がり安定なら、その運と能力の割合は
(1)ビットコイン      運90%、能力10%
(2)FX           運90%、能力10%
(3)CFD(JPN225)      運90%、能力10%
(4)日経225先物mini225   運10%、能力90%
(5)株 信用取引       運20%、能力80%
 という所でしょう。

 したがって、運への依存度が高い(1)(2)(3)は、
 長期右上がり安定の可能性はないでしょう。