この言葉の意味を翻訳すると次の通りです。
相場の方が、たまたま個々のEA・シストレ・自動売買の固定的物差しに合致する動きをする時期があった。
その時期を過ぎると豪快に▲ドカーンとやられる。

だから、そうなる前に、相場に応じて固定的物差しを取り替えましょう。
そうすると、またまた相場の方が、取り替え後の固定的物差しに、
たまたま合致する動きをする時期があるかも知れないから。

なぁ~んて、宝くじを買うより期待値の低いことを言っているのに、
言葉を換えると、

「EA・シストレ・自動売買は、相場に応じて使い分けなければならない」
「それが、できない人はEA・シストレ・自動売買の初心者だ」
「このEA・シストレ・自動売買は、上級者向けに作ってあるんだ」
「聖杯は、必ず存在する」

とやる。

あるいは、もともと聖杯が存在しないことなど百も承知なのに、
バックテストならカーブフィッティングで、
フォワードテストなら客観的証拠の伴わないインチキで乗り切る。

EA・シストレ・自動売買の商材とは、そのようなものです。