要するに、危機一髪なのです。
しかし、ここで押し目が入ることは予測済み。
1