最近の昼夜間を問わない超活発相場は、
夜間専門、普通のサラリーマンの私にとって、
かつてない貴重な経験ができました。

すごいですね。
どこで売っても買っても、押し目と戻りを狙っている限り、
ドカーンと1万円(100円逆行)クラスの含み損からスタートします。
ひどいときには、いきなり強制ロスカット190円/枚から、
スタートすることもありました。

よほどの経験が無い限り、驚いてすぐさま止めるか、
果敢に挑戦して破産するかのどちらかでしょう。

出来高規模が大きすぎて、上下の雑音が100円規模なので、
含み損の額だけ目で追っていては、恐ろしすぎて、
とても、とても続ける気にならないでしょう。

今回の相場はボラ幅が1,800円で、100円の含み損が10,000円
通常のボラ幅180円なら、10円の含み損1,000円
能力一定に対するリスクは、どちらも同じですが、
後者の場合、ハイリスクハイリターンは10倍に膨れ上がります。

どちらが良いかは、能力次第となりそうですね。

私の感触では、慣れてしまえば、圧倒的に活発が有利と思います。
その理由は、活発さが増すほど、
上げ回転と下げ回転の様態のコントラストが大きく開くからです。
夜間の閑散相場では、同コントラストの開きが小さく区別するのが難しい。

そのような事情もあり、私にとっては、活発さが増すほど、
デイトレには有利に作用すると実感している今日この頃です。
しかし、それに慣れることができればの話であり、
そのようなキャパが私にあるかないかは、やってみなければ分かりません。

ということで、私にとっては絶好の機会なので、
これまで、まだまだ遠慮がちでしたが、
2020.3.16以降は、損得抜きに経験値蓄積のためガンガン入る予定です。
したがって、今までより、はるかにハイリスクハイリターンの色合いが濃くなり、
一日で破産する可能性もありますので、あらかじめお知らせしておきます。