チャンスの大小に関わらず、同じロットで取引してはならない。
予測が当たる確率が高い場面では大きく張り、
それ以外の場面では小さく張る、あるいは様子見すべきだと。

頭では、その通りだと分かります。
しかし、225値動き予測においては、
チャンスの大小を見極めること自体、不可能に近いほど難しい。
チャンス大と思って飛び込むと、かなりの確率でモンスターのワナにハマるし、
かと言って、危険大と知りながら飛び込むと、思った通り奈落の底に落ちるし・・・。

ところが、ラッキーなことに、現在、ビリで会員ゼロなので、
派手に▲ドカーンとやっても実害なし。

ということで、2020.2.25(火)以降、
チャンス大で大きく張り、損益動向を検証することにします。

当然、モンスターのワナにハマって▲ドカーン▲ドカーン▲・・・と、
連続的雪だるま損が始まるでしょう。
破産したくない方は、決して近づかないように。

それでは、あらかじめ予告しましたので、
2020.2.25(火)以降、思う存分、やることにします。

あしからず。