夜間しかない。土俵それぞれの特徴は、
前場は、活発が続き絶好の仕掛け時なのに、その日のトレンドが出る前なので運ゲーの要素が強い。
後場は、その日のトレンドが出て絶好の仕掛け時なのに、活発が続く状態が少ない。
夜間は、その日のトレンドの出がらし付近であり、活発が続く状態がほぼない。

私の経験上、たまぁ~に、平日朝から休んだ時、
前場早々、その日のトレンド(指標群)の見えない時間帯に、
活発(板回転)めがけて仕掛けると、ほぼ100%逆玉を持たされ▲ドカーンとやります。
しかし、普通のサラリーマンには滅多に経験できない活発が続く貴重な時間帯なので、
板回転の様態とクライマックスの関係を右脳に焼き付ける訓練として、意図的に参加しています。

で、何が言いたいかと申しますと、
もし、将来デイトレ能力初段以上になる日が来たとしても、
夜間以外は、本戦略をオフラインにしておくことを強くお勧めします。
たまに、前場や後場に参加して▲ドカーンと▲20[万円/日] 飛ばしますよ。
ということです。

実は、前場の▲ドカーンは、後場の予測能力アップの貴重な肥やし(右脳蓄積)になっています。

以上、あしからず。