板読みだけ、あるいは指標群読みのどちらか片方だけの分析では、永久に値動き予測はできない。
ところが、それらの「相対性」に着眼すると連続的な値動き予測の可能性が開ける。

いずれか片方だけの研究は、時間とお金を無限に損する。
そこには値動き予測の可能性は存在しないので。