同様のトレンドパタンでは、だいたい売りナンピンの全力投げとなっていた。
下げトレンドの終端なんて、分かるはずがない。
反転から上げもどこまで上げるか分かるはずがない。
ここが、最も克服しなければならない苦手な場面。
私はTRADERS CLOUDのデイトレーダーなので、
閑散、間欠、トレンド終端、どのような場面の相場でも、毎日取引します。
キャプチャ