どうにもこうにも、
閑散間欠系からジワジワ上げる板回転の様態から、
それが戻りなのか、上げ勢いなのか、区別することが難しい。
加えて、前場の取引は手前からの連続性を把握できず、
予測が当たらず、大失敗する確率が極めて高い。

もしかしたら、そもそも、それらについては予測できないのかも知れない。
何か糸口はつかめないものかと、試行錯誤している段階。

ということで、ここを解決しなければ、
公式ページの損益カーブ+40万円を上抜ける日は永久に来ない。
そうなる前に、この戦略に乗ったりすると全力投げドカーンでやられるのがオチ。

以上、あらかじめ予告しておりますので・・・云々。