思います。
囲碁や将棋のように、序盤の内から何手も先を読んで形勢を有利に持っていく感覚が必要と思います。
しかし、いきなり中終盤から始まることもあり、
板回転速度が速ければ速いほど、そのような考える時間は与えられませんので、
反射的に次の一手を選び取る能力も必要です。

しかも、バクバクしない平常心で。

平常心が失われバクバク緊張し出した瞬間、右脳は遮断され予測不能となります。

右脳予測型デイトレは、単に要領をつかめばできるようなことではありません。
四段とは、すなわち、フィーリング比喩、プロになれる程度の資質、素質、努力が必要ということです。

たぶん。