【名言】目一杯玉張って、打ち上げ花火のごとく消え、共倒れ
との違いは、前者は能力が前面に出ていて、後者は運が前面に出ていること。

当然、能力を前面に出して、なおかつ右上がり安定でなければ、
将来も安定しないので、後者には最初から右上がり安定の可能性はない。

ただし、玉最小と言っても固定的数字で示すことはできない。
それは、押し目や戻りを刈り取るために要する必要最小限のナンピン数を意味する。
刈り取った後は1枚をデフォルトとすることがドカーンリスク回避上もっとも望ましい。
しかし、玉最小と言っても、常に1枚をデフォルトにするとは限らない、
2019.8.2のデイトレのように非常手段で一点多数枚がけをやることもある。

結局、私が実践する値動き予測型デイトレは、
押し目と下げ勢い、または戻りと上げ勢いを区別する能力(予測能力)と、
それらが外れたとき、どうやって対処するかの能力(デイトレ能力)の総合能力である。
この先、右上がり安定へ向かうか否かは、
公式ページの損益カーブで+40万円を上抜けるか否かで決まると思います。
その前に近づくと、かなりの確率でドカーンとやられ、
苦情とやっても、さらにドカーン、ドカーン、ドカーンとビリへと落ちて行くでしょう。