その根拠は、チャンスの大小(難易度)に関係なく、
押し目、戻りへの比重乗せナンピンを必要最低限としたこと。

結果は、以前と比較してコツコツドカーンは▲20→▲5万円規模へと平準化され、
利益はわずか+7,500円/月となりました。
数字で示すなら、22営業日(n=307回)において、PF=1.0、ペオレ=0.8(勝ち1,549円、負け1,944円)

これが、現時点の私のエントリー精度そのものです。
限りなく、足踏み状態ですねぇ。
それゆえの右上がり安定への初めの一歩(スタートライン)なのです。

つまり、この後、公式ページの損益カーブが+40万円を上抜けるなら、
TRADERS CLOUDデイトレーダーとして、実用に耐える段階に入れるのだと思います。

比重乗せナンピンを必要最小限とすることは、利益も最小限化されますので、
+40万円を上抜けるには、それなりのエントリー精度と時間が必要です。
私にとっては、その方が、エントリー精度を上げるための訓練時間を稼げるので都合が良いのです。

以上、その時が来るのか来ないのかを見極めるまで近づかないようにと、
私が、しつこく繰り返す理由が分かると思います。