絶好のチャンスで、勝負に出る際、どこに過剰比重乗せナンピンをばらまくべきか、

絶好の位置は、トレンド開始付近、
すなわち、上げトレンドなら一つ目の押し目底に向かって買いの過剰比重乗せナンピンばらまく。
その後、2つ目、3つ目と進むほど、同じく必要最小限の比重乗せナンピンを押し目底に向かってばらまく。
下げトレンドも同様に、戻りが2つ目、3つ目と進むほど、過剰から必要最小限へと切り替えて追いかける。

ここで、問題となるのが、2つ目以降の押し目や戻りへの比重乗せナンピンの開始位置、
もちろん、押し目底目がけて買いナンピン開始、戻り頂点目がけて売りナンピン開始が理想なのですが、それらのタイミングを待っていては、いつまでも乗れず、「見てるだけ」となりがちです。

そこで、2つ目以降の押し目では、あえて上げ勢いで買いナンピンを開始したり、
同じく2つ目以降の戻りでは、あえて下げ勢いで売りナンピンを開始したりします。
しかし、結構リスクが大きいので、見てるだけで終わることの方が多いことは事実です。
積極的に追いかけようと思えば、反転するまでこれらをやり続ける方法もあります。
どちらが良いかは、時と場合によりますが、
2019.6.24以降は、絶好のチャンスでは後者積極的に追いかける方法をとりたい思います。