押し目底買いと戻り頂点売りに決まっているのですが、
それらだけを狙っていては、「見てるだけ」になりがち。

かと言って、下げ勢いで売った瞬間、ジワジワと踏み上げられ含み損がブクブク膨らむし、
上げ勢いで買った瞬間、ジワジワと踏み下げられ含み損がブクブク膨らみます。

両者をバランスよく成り立たせるには、
押し目底や戻り頂点を一本釣りで狙うのでは入るたびに逆行し損切りとなりますので、
どうしても、網ですくい取る(比重乗せナンピン)という概念が必要となります。

すなわち、下げ勢いに乗って売ってジワ上げに巻き込まれたしても、
「次の戻りの山」を「最大同時建玉数10枚かつロスカット90円/枚、受けの両建て(うねり取り)併用」で刈り取れれば良い。
あるいは、上げ勢いに乗って買ってジワ下げに巻き込まれたとしても、
「次の押し目の谷」を「最大同時建玉数10枚かつロスカット90円/枚、受けの両建て(うねり取り)併用」で刈り取れれば良い。
という考え方もあります。

しかし、予測が外れ、明らかなトレンド反転ポイントでそれらをやると、直近の前場、
【取引結果】▲14,500(ハ▲12%) 2019年6月14~15日
の記事ように、ロスカット 90円/枚が走り ▲3万円規模ドカーンとなります。

それでも、ロスカット190円/枚時代の▲20万円規模ドカーンよりは遙かにマシなので、
当面、以上の方針で検証を進めたいと思います。