それがあれば苦労しない。 そもそも、チャンスを見分けられるレベルになるには、 途方も無い時間と努力、更に資質が必要となる。 動体視力(右脳)、パタン認識(右脳)、予測能力(右脳)、判断力(左脳)、デイトレ能力(左脳)、 何が起きても動じない平常心(心の資質)、右脳・左脳の資質、蓄積(右脳の資質と素質)、無限の努力(素質)・・・。 中でも、最も修得が難しく、しかし必須であるスキルは「平常心」、 なぜ、必須かと申しますと、これが欠ければ右脳のスイッチが遮断されバクチトレードしかできなくなるからです。 つまり、酒飲みながら(同じく右脳が断となる)トレードするのと変わらなくなるから。 ちなみに、酒飲むと平常心を得られるというトレーダーもいらっしゃるのかも知れませんが、それは単に酒飲むとバクチする勇気がわくというだけ、右脳を使うことを前提としていない方。 そして、これらを活かせるようになった段階が、チャンスを見分けられるレベル。 その段階にいるかどうかは、結果を見ればすぐ分かる。 結果とは、すなわち、ペイオフレシオ。 究極は、毎日勝ち続けること。 ネット上で私の知る限りでは、その段階にいらっしゃるデイトレーダー様はただおひとり。 手本の神 (ブログ名 デイトレードで3人の子供を育てる)だけです。 比較するのもおこがましいですが、「チャンスを選び取る能力」において、私とは雲泥の差があります。 それゆえの手本の神であるわけですが・・・。 少なくとも、私の場合は「チャンスを選び取る努力」をしなければ、 上抜ける可能性はありません。 この戦略に近づいてはならない最大の理由は、 「チャンスを選び取る能力」において、自他共に認めるレベルには程遠いからと言えるでしょう。 この努力と対極にあるのが、EAやシストレに魔法の売買ルールを求める努力を続けること。 時間とお金を無限に損します。 その理由は、カテ【EAやシストレ(システムトレード)の失敗理由】に、すべて記載しました。