答えは、「両方ともコツコツドカーンで右下がりを描く」です。
ナンピン系でも、それ以外でも同じ事です。
ちなみに、様々な指標を複数組み合わせ、かつ高度?なロジックを加えたとしても同じ事です。

ただし、見せ物として、ごく短時間の取引の様子を同時に見せるなら、
片方は利益、もう片方は損失、50%ずつの確率で、
どちらかが必ず当たるので、両方走らせれば得することはあっても損することはありません。
なぁ~んて、やることはできるでしょう。
あるいは、複数走らせて、これも当たりました、あれも当たりましたも、ありでしょう。

しかし、現実には、無数のいかなるストラテジーを同時に走らせたとしても、
時間が経つにつれ全滅する運命。
その理由は、各々(おのおの)のストラテジーのロスカット値を超えるトレンド反転やボックストレンドに出会い次第、全滅すから。
また、その根拠は、すべてのストラテジーは固定だから。

こうならないストラテジーはただひとつ、ロスカットなしの無限ナンピン系。
こちらのストラテジーは固定でなく、無限フレキシブル(ロスカット値が)です。
無限資産があれば、無限右上がりを実現するでしょう。

シストレやEAの良さは、長い目で見なければ分からない?
長ければ長いほど、雪だるま式爆損となるでしょう。