公営ギャンブルとは、 競馬,競輪,競艇,オートレースの 4種類を指します。
それらに近いところにパチンコ、ロト6などを含む宝くじ系があります。

結論から先に申しますと、投資顧問に乗るのと公営ギャンブル等をやるのとでは、投資対効果という意味では、リスクは同じと思います。その根拠は、未来の値動きは、誰も予測できないから。その土俵においては、ギャンブル等も投資も同じ。

しかし、失敗した場合の怒りや恨みの矛先は、圧倒的に投資顧問の方へ向かうでしょう。
その理由は、言わすと知れた多くの方々は「自分の失敗は許せるけど、人のせいで自分が失敗したのは許せない」と感じるからです。
公営ギャンブル等なら、自分で自分のかたきを打つために破産するまでは、何度でも繰り返すことができます。

公営ギャンブル等をEAやシストレに置き換えても同じことです。

スキャ系常勝デイトレーダー方々の存在が、広く世間に知れ渡った現在では、もしかしたら専門家なら未来の値動きが分かるのではないかと思うのかも知れませんね。
しかし、実際にはその方だからできるのであって、人間離れした極めて高度な職人芸であり決してマネすることはできません。仮に常勝デイトレーダーが、そのスキルを生かそうと投資顧問会社を立ち上げたとしても、それを実現するスキームが存在しません。

それでも、やれるだけのことをやって、そこに挑戦した投資顧問会社が、TRADERS CLOUDです。かつて存在した類似投資顧問会社の中では、最後の生き残りです(大赤字経営と思いますが・・・)
ところが、トレーダーは取引ツールであるオートレの仕様で、最大新規で20秒、返済で20秒待たされ、最も不利な金額で約定した会員様の口座履歴とトレーダーの取引履歴を完全一致させています。
加えて、ナンビンの部分返済はできないという大きなハンディ付きです。

結局、未来の値動きを知る方法がない以上、カリスマ投資顧問(会社)はこの世に存在しないことをご認識の上、ご投資判断されるのが賢明かと思います。

公営ギャンブルだろうが、投資顧問(会社)選びだろうが、
どこまでいっても、自己責任と自己選択の自由は付いて回ります。
やってしまってから、後悔しても手遅れです。
やる前の慎重なご判断しか、自己防衛対策はありません。

特にTRADERS CLOUD公式ページは、おとなし過ぎるくらい地味な出で立ちであり、広告・宣伝もほぼなし。
ついでに、会員様へのアフターフォローもほぼなしですが、しつこくうざい接触などは一切ありません。
ある意味、冷たい雰囲気かも知れませんが、会員様はどこまでいっても自由。
入会・退会もメニュー操作ひとつ、勧誘も引き留めも何もありません。

料金相応と思います。

しかし、ひとつだけ自慢は、インチキがないことです。