ということは、
これを225のデイトレに置き換えると、
活発目がけてピラミッティングが基本となりそうな・・・。
つまり、「ナンピン主力で、勝負しない癖」を持つ株のデイトレーダーは、
基本から外れるということかも。

たぶん、ナンピン主力のデイトレーダーが、活発目がけてナンビンとなるケースは、
意図しない逆張りに巻き込まれた時。
つまり、予測が逆だったと気付いても、日頃から「勝負しない癖」が付いているので、すぐに反応できない。
ここで勝負するくらいなら、ナンピンの結末で勝負しようとなる。
そして、▲ドカーンと。

一方、ナンピン主力のデイトレーダーが、活発目がけてナンビンとならなかったケースは、
意図した通り、順張りにうまく乗った時。
そして、利益は微々。

やはり、何かがおかしい。

基本をナンピンに置いている以上、勝負しない癖は無くならない。
もっとも、それ相応の能力がなければ、勝負するよりはナンピンの方がマシという境界線はある。
自分に、勝負すべき能力があるのかないのかは、
今後しばらく「勝負すること」を前面に出して検証する。
その結果、どうした方がマシかを再度見直すこととしたい。

ちなみに、シストレには、もともと勝負する能力はないので、
スキャルやピラミッティング系は成り立たない。
最大頑張っても、ナンピン系でコツコツドカーンの運命をたどるしかない。