あらゆる兆候、板回転、指標群、ローソクの動きが、値動き予測には通じないということ。
兆候のデータベースをより多く蓄えれば蓄えるほど、その兆候で、値を上げることもあれば下げることもあるという結論に行き着く。
▲ドカーンは、兆候と予測の相関を信じ切った時、発生する。