損切り幅の縮小化。
以前は、100円損切り(お祈りストップロス)がザラでしたが、現在では5,000円以上の損切りは少ない。

むしろ、早期損切りの優位性を体現している。

その意味は、

損切りが遅れる理由は、張った方向へトレンドが進むと信じているから。
それなら、その信念を尊重し、より優位な側から再び建て直した方が良い。
つまり、売りを踏み上げられたら損切りし、より高い位置から売り直す。
買いを踏み落とされたら損切りし、より低い位置から買い直す。

この発想があるなら、バンバン損切りできる。
優位な位置を取るため損切りするのでためらいが少ない、これは「攻めの損切り」と言えないこともない。

もっとも、トレンド読みが逆方向だったら壮絶に散ることは言うまでもありません。
以上は、損切りせずジッとガマンし持ち続けることに対する早期損切りの優位性について書きました。
実際は、損切りから逆建てしなければならないことも多々あります。