すべり(バイイングクライマックス、セリングクライマックス)を発見するには、
必ず、その手前の段階で、板回転とローソクの相対性を右脳に焼き付けておかなければならない。
この作業を怠った時、先日のドカーンと▲50,000円爆損が発生する。
言葉を換えれば、様子見を十分に行わなかった場合に、▲ドカーンが発生する。
このように、様子見と▲ドカーンには、確固とした相関がある。
それゆえ、様子見能力はデイトレにおける最上位のスキルである。
値動き予測能力発展段階の最終段階でなければ、絶対にできないのが「様子見」

ちなみに、このすべりを最も発見しにくいタイミングが寄り直後。
手前の板回転とローソクの相対性を右脳に焼き付ける前に、値が動き出す。
したがって、私にとっては、寄り直後が最も危険な時間帯なのかも知れません。
逆に、最も値動き予測しやすい時間帯は、夜間NY市場が開く、今ならPM10:30です。
その前に、出来高を伴って動き出してくれれば、そちらでも良い・・・。
しかし、その頃は、眠くなっているので長続きはしませんが・・・。