そのタイミングをピタリ当てたとき、理想的取引が可能。

しかし、そのようなことは不可能なので、動きの中で犠牲を払いながら(損切りしながら)ブレを補正する。
その手段が、両建てから切り離しであったり、損切りから再建だったり、放置だったり。

どうすれば、その理想に近づくかが最大の課題。

直接近づくことは極めて難しいので、逆に遠ざけることで間接的に近づく方法をとっている。
つまり、だまされる場面を極力減らすこと。

その手段として、

・下で買い、上で売る(押し目、戻りを狙うの意味)
・よほどのチャンスでない限り飛び乗らない(儲け損ないは捨てる)
「よほど」と断る理由は、マッハで板が回転し続けることもごくマレにあるため)

これを基本としたい。

しかし、トレンドを読んでタイミングを合わせるのは極めて難しいことは言うまでもありません。
ずれたら、軽傷損切りか放置で勝負、間違っていたら爆損。
株をやっている以上、はずれリスクは避けられない。