初心の内は、それはそれば楽しくてパチンコ、競馬、競輪にはまる気持ちと何ら変わらないと思います。
その理由は、当たることがあるから。
そうすると、当たる理由、当たる原理を探求したくなります。

私もご多分に漏れず、没頭、挫折、没頭、挫折・・・無限連鎖の中に身を置きました。
現在に至るまで、かれこれ10年以上かかっています。

その間、楽しい時期があり、苦しい時期があり、つい最近になって冷めて何も感じない時期を迎えました。
平常心という意味では、10年以上かかって少しは成長したのかも知れません。

デイトレに、もっとも必要な要素は、この平常心と思います。
これがなければ、一歩も動けません。

とは言っても、普通はモンスターの策略を前に平常心でいられる訳がありません。
心臓バクバク、頭の中は真っ白、放心状態、身動き取れず運に任せるか投げるかの二者択一の判断しかできなくなります。
その判断基準は、「ガマンの限界」

結局、平常心と予測能力は両輪の輪。

しかし、平常心を得たら勝てるというわけでもない。
私の場合、単にモンスターの耐性菌になった程度かも知れない。
すべては、今後の成績次第。