それは、上下両方へ振られるかもしれないと予測される場面である。
すなわち、下げトレンド終わり付近の下げ勢いから戻り頂点までの場面、または、上げトレンド終わり付近の上げ勢いから押し目底までの場面。

これらは、決して、分からなくなったから、とりあえず両建したのではない。
少なくとも上下両方に振られるかも知れないと予測した上で、「かも知れない」をリスクヘッジしながら、上下両方とも刈り取ろうという魂胆である。残った片側は、ナンピン含みで。

ちなみに、片側しか取れなかったとしても、予測が外れた場合のリスクヘッジになっているのである。

一方、下げトレンド真っ最中は戻りから売り、上げトレンド真っ最中は押し目から買いとし、両建ての出番はない。

上述のように、両建ては、あくまでも、「上下両方へ振られるかもしれないと予測される場面」だけすべきである。
これと対象的行為が、「分からなくなったから取りあえず両建てする場合」である。同行為は、その後、相場が一方向へ流れた場合、両玉とも切り離すことができなくなる。
後者は、できるだけ早い時期に、損切りから逆建てすべきだが、そもそも予測が前提にないので、それもできない。

すべての場面において、予測が先立たなければ、
損益=「手法行き当たりばったり」+「機械的損切り」+「運」=ジグザグドカーン
となる。