モンスターが仕掛けるワナから反転するタイミングを理論的に説明でない理由と同じである。
これが、説明できるくらいなら、ワナとは呼ばない。

しかし、ワナから反転前後のローソク波形を後付けで指標群の形を示しながら、
理論的に説明することなら誰でもできる。ここに、再現性(信頼性に利用する場合もある)の錯覚が起きる。