言えそうな。

損切り遅れ防止対策にも直結するので、一石二鳥である。

2018.1.29(月)以降、さっそく検証に入る。