同じく、1回で5枚建てる場合でも、
体位入れ替えナンピンと、チャンスでドバッでは、意味がまったく異なる。

前者は、手前のナンピンをすべて切り、より優位な位置から、再び同方向へ切ったナンピン数に見合う枚数を1回で建てる方法である。結局、手前のナンピンを切らなかったのと同じである。しかし、より優位な位置であるだけに、次のアクションで躊躇しにくい。
後者は、前置きはなく、いきなりチャンスでドバッとやる方法である。

1回で建てた枚数という意味では、両者とも、まったく同じだが、後者が圧倒的に危険。

その理由は、予測能力が一定であるから。

つまり、予測能力が一定なら、
ナンピン10回(1枚×10回)なら救えたのに、2回(5枚×2回)なら救えないということは、いくらでもあるからである。