まだまだ、まだまだ、ゴールは見えない。

危険が安全、安全が危険と実感できる段階までくれば、緊張は皆無となる。