(1) 穏やかな振幅の相場で、第1屈折から狙いそれが外れ大きめにやられ、それを助けようとして逆向きにナンピンで追い続けた場合。
(2)上で買い、下で売った場合。

いずれも、一投目は安全(チャンス)と思ったからこそ、新規エントリーした結果。