2017年12月 : 口座と一致 両建デイトレ 投資顧問 TRADERS CLOUD

口座と一致 両建デイトレ 投資顧問 TRADERS CLOUD

nk203
インチキなし。運トレなし。全取引履歴 公開中、TRADERS CLOUD(トレーダーズファームバスケット、MIRROR MANAGER) デイトレーダー、カテ【苦情・質問・口コミ・評判・悪評・悪徳・体験・掲示板への回答】、[配信休日]追加済み。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
◆公開取引履歴と会員様口座の取引履歴は完全一致する(岡三、SBI、kabu.com、楽天提供API経由)
◆取引条件は完全デイトレ、最大同時保有数10枚、損切り190円/枚、翌朝AM5:30強制全決済。
◆本戦略は、損益が右上がり安定でなければ破産する。
◆トレーダーは、10日間を超える休暇は、会社に事前に届け出なければならない。
◆過去も現在も、恐らく未来も証拠付きで225デイトレを成功させた例は存在しない。

2017年12月

1年以上は必要と思います。
実際は右脳の個人差により、もっと短くも長くもなると思いますが・・・。

板回転読みとは、これまで何回も触れていますが、
「すべり(B・Sクライマックス)」を感じ取る能力のことです。
すべりは、すべての値動きの屈折に、大なり小なり潜んでいます。
屈折でない勢いの部分には、すべりが無いという概念で捉えています。

この能力を鍛えることが、225デイトレを現実化する最短距離と思います。

と言っても、このような理論は誰からも相手にされないでしょうから、
実績で証明するしかありません。

板読みについて、いろいろ調べてみたら、株のディーラーは、トレード中は指標群を見ることはなく板情報と歩み値だけで利益を上げているそうです。
その理由は、指標群をみるとそれが相場であると勘違いして、トレーダーの成長を邪魔するからだそうです。

この意味を分かりやすく説明します。

指標群は相対的な形しか示さないので、閑散でも活発でも、規模が小さくても大きくても、ローソクのボラ小さくても大きくても、それらに関係なく、指標群は以前見た同じような形のカーブを描きます。
それでも、自分を含め多くの方々は、指標群と値動き(ローソク)に相関を求め、無限の研究を重ねます。いわゆる、宝物(魔法の手法? 聖杯?)探しが始まるわけです。
やがて、その行為が無意味であることを悟る場合もあるし、悟る前に燃え尽きる場合もあるでしょう。
結局、最初から存在しない宝探しに要した時間が、成長に使われるべき時間を無駄に消費した訳です。

更に悪いことには、研究対象が、無限に存在する、「指標群の組み合わせや指標ごとのパラメータ設定、分足との組み合わせ等」に向かうことです。
それらの組み合わせパタンは文字通り無限であるし、パタンを保ったまま異なる分足同士を見比べれば、逆の曲線を描くこともあります。深みにはまろうと思えば、時間は無限に必要です。

そして、検証は常にローソクと指標群の組み合わせ間で行われますので、永久に板読みに関心が向きません。そもそも、225での板読みは不可能であると最初から決めつけている場合も多いでしょう。

確かに、225では、その規模と高速回転、及びダマシ板ゆえに、歩み値を読み取る意味はまったくないし、現実には、板が少し回り始めれば歩み値は肉眼で追えなくなるので、一般に言う板読みは不可能です。

加えて、モンスターのワナが、常時発動していますので225で板読みデイトレなど最初から不可能なのです。

つまり、225では、デイトレという概念では、何をやっても絶対に勝てない世界である訳です。
何せ、指標群もダメ、板読みもダメで、八方塞がりなので。
たぶん、世界中探しても、同一人物が225のデイトレで、成功し続けている例は無いと思います。
もし、そのような人物がその道の会社と組めば、凄いことになるでしょうから。

しかし、初心者は、以上の背景を知らないので、自分でもできるような気がして225のデイトレに手を出し破産していきます。

その精度を高めることに徹したい。

ここが、本当の意味での最終関門と思う。

結局、デイトレに最も重要なスキルは、様子見能力ということなりそうである。
ところが、様子見はエントリータイミングを判断できる人しかできない。

指標群に頼ったいつでもどこでもエントリーには、様子見が存在しない。
いつまでたっても進歩しなかった根本原因が、ここにあった。

(1)板回転と押し目、下げ勢い、戻り、上げ勢いを区別する「すべり具合(いわゆるバイイング・セリングクライマックス)」を右脳にたたき込むこと。
(2)同(1)と指標群の形との相関を同じく右脳にたたき込むこと。
(3)相場においては、同(1)(2)に照らし合わせることができる場面だけエントリーすること。すなわち、右脳に存在しない場面(予測できない場面)で玉を持たないこと。

結局、自分の右脳に同(1)(2)の蓄積がなければ、デイトレの入口にも立てないのである。

ディーラーのスキャルピングと原理は同じと思います。
板回転が乏しい閑散時間帯は、見送っているはずです。何せ予測不能なので。


板回転が閑散でもエントリーするとしたら、たぶん、頑固なまでに指標群の形に予測能力があると信じている場合だと思います(以前の自分のことですが)

こう考えてくると、予測トリガが板回転である以上、
これを考慮しないデイトレは成り立たないということになる。
すなわち、指標群だけに頼ったデイトレは、いくら勝率が高くてもドカーンを回避することはできない。

それは、予測できる場面だけエントリーすること。

本日、2017.12.29(金)の一日中張り付いたデイトレでつくづく実感した。
なんと約15年間、この最も重要な事実に重きを置かなかった。

確かに相場には、絶対に予測できない場面というのがある。
その代表が、板がほとんど回らない閑散の時間帯。
これまでの私は、そのような場面では指標群の形に頼った予測をしていた。
それでも、ナンピンと組み合わせれば、それなりの勝率は稼げる。
しかし、外れたら致命傷を負う。
負けるべくして負けていたのである。
自己の予測能力を発揮することなく。

サラリーマンは、今日から1月3日まで休み。
一日中デイトレができる数少ないチャンス。
板読みエントリー能力を1日かけて検証してみた。

ただし、同11:30~14:30は、昼食で外出しており、
同時間帯だけは板回転を見られなかった。

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/29 00:32 ④30分~1h 1 2017/12/29 8:47 22,815 2017/12/29 9:19 22,850 3,500
2 2017/12/29 00:37 ④30分~1h 1 2017/12/29 10:07 22,810 2017/12/29 10:44 22,820 1,000
3 2017/12/29 01:41 ⑤1~5h 1 2017/12/29 9:41 22,830 2017/12/29 11:21 22,835 500
4 2017/12/29 00:19 ③10~30分 1 2017/12/29 11:02 22,810 2017/12/29 11:21 22,835 2,500
5 2017/12/29 02:00 ⑤1~5h 1 2017/12/29 9:22 22,835 2017/12/29 11:21 22,835 0
6 2017/12/29 00:08 ②5~10分 1 2017/12/29 11:26 22,830 2017/12/29 11:33 22,825 500
7 2017/12/29 00:02 ①5分以内 1 2017/12/29 14:40 22,760 2017/12/29 14:41 22,750 1,000
8 2017/12/29 00:02 ①5分以内 1 2017/12/29 14:48 22,770 2017/12/29 14:50 22,770 0
9 2017/12/29 00:09 ②5~10分 1 2017/12/29 16:46 22,745 2017/12/29 16:54 22,740 500
10 2017/12/29 00:05 ②5~10分 1 2017/12/29 17:05 22,740 2017/12/29 17:10 22,745 500
11 2017/12/29 00:12 ③10~30分 1 2017/12/29 17:26 22,730 2017/12/29 17:37 22,730 0
12 2017/12/29 00:14 ③10~30分 1 2017/12/29 18:00 22,745 2017/12/29 18:14 22,755 -1,000
13 2017/12/29 00:02 ①5分以内 2 2017/12/29 18:19 22,750 2017/12/29 18:21 22,745 1,000
14 2017/12/29 00:21 ③10~30分 1 2017/12/29 18:58 22,760 2017/12/29 19:18 22,755 500
15 2017/12/29 00:22 ③10~30分 1 2017/12/29 20:43 22,780 2017/12/29 21:05 22,775 500
16 2017/12/29 00:40 ④30分~1h 1 2017/12/29 21:41 22,795 2017/12/29 22:20 22,780 1,500
17 2017/12/29 00:58 ④30分~1h 1 2017/12/29 21:23 22,785 2017/12/29 22:20 22,785 0
18 2017/12/29 02:15 ⑤1~5h 1 2017/12/29 20:07 22,760 2017/12/29 22:22 22,785 -2,500
19 2017/12/29 00:03 ①5分以内 1 2017/12/29 23:34 22,770 2017/12/29 23:36 22,760 1,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 11,000

まあ、いつでもどこでもエントリーよりも、遥かにマシな結果。
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/27 00:06 ②5~10分 1 2017/12/27 16:30 22,885 2017/12/27 16:36 22,890 -500
2 2017/12/27 00:07 ②5~10分 1 2017/12/27 16:38 22,890 2017/12/27 16:44 22,890 0
3 2017/12/27 00:13 ③10~30分 1 2017/12/27 17:03 22,895 2017/12/27 17:16 22,910 1,500
4 2017/12/27 00:12 ③10~30分 1 2017/12/27 17:20 22,905 2017/12/27 17:32 22,905 0
5 2017/12/27 00:03 ①5分以内 1 2017/12/27 17:56 22,895 2017/12/27 17:59 22,900 500
6 2017/12/27 00:05 ②5~10分 1 2017/12/27 18:11 22,890 2017/12/27 18:16 22,895 500
7 2017/12/27 00:09 ②5~10分 1 2017/12/27 18:21 22,890 2017/12/27 18:30 22,895 500
8 2017/12/27 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/27 18:03 22,900 2017/12/27 18:33 22,895 -500
9 2017/12/27 00:14 ③10~30分 1 2017/12/27 18:33 22,895 2017/12/27 18:47 22,890 500
10 2017/12/27 00:27 ③10~30分 1 2017/12/27 22:05 22,900 2017/12/27 22:31 22,910 -1,000
11 2017/12/27 00:30 ④30分~1h 2 2017/12/27 22:32 22,910 2017/12/27 23:01 22,905 -1,000
12 2017/12/27 00:31 ④30分~1h 1 2017/12/27 22:31 22,910 2017/12/27 23:01 22,905 -500
13 2017/12/27 00:09 ②5~10分 1 2017/12/27 23:31 22,905 2017/12/27 23:39 22,905 0
14 2017/12/27 00:15 ③10~30分 1 2017/12/27 23:44 22,905 2017/12/27 23:58 22,910 500
15 2017/12/27 00:03 ①5分以内 1 2017/12/27 23:55 22,910 2017/12/27 23:58 22,910 0
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 500

と思うのは、私個人に限った話。

 私個人の場合の損切り姿勢は、以下2パタン。

1.エントリー姿勢 板が回り続ける場面だけエントリーの場合 (直後予測型)
 私個人に必要な損切りルールは、
 板が回り続けると思ってエントリーした玉が、
 その後、静かになってしまった場合、同値撤退又は損切りすること。

2.エントリー姿勢 指標群の形に惚れた、いつでもどこでもエントリーの場合(待ち受け予測型)
 私個人のこれまでの大間違いの損切りルールは、
 何十円逆行したら損切り、ナンピン、または損切りもどきの体位入れ替えナンピン(実質、損切りしないのと同じ)、その後の流れは、指標群の形を信じた運トレ。運が悪ければ全力投げ。

同1ルールは、大数の法則下で、予測能力に応じた損益カーブを描く可能性がある。
一方、同2ルールは、必ず、コツコツドカーンを描くので、大数の法則は成り立たない。

今後、同1のみ実践することとしたい。
エントリー精度が上がれば、チャンスでドバッへの道も開ける死・・・。

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/26 00:06 ②5~10分 1 2017/12/26 21:21 22,870 2017/12/26 21:26 22,870 0
2 2017/12/26 00:27 ③10~30分 1 2017/12/26 21:34 22,865 2017/12/26 22:01 22,870 -500
3 2017/12/27 00:25 ③10~30分 1 2017/12/26 23:49 22,870 2017/12/27 0:14 22,875 500
4 2017/12/27 01:16 ⑤1~5h 1 2017/12/26 22:58 22,865 2017/12/27 0:14 22,875 1,000
5 2017/12/27 00:53 ④30分~1h 1 2017/12/26 23:21 22,865 2017/12/27 0:14 22,875 1,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 2,000

閑散でエントリーした玉は損切りが遅れ、活発でエントリーした玉は、即損切りしていた。

ということは、活発だけ狙えば、損切り遅れは防げるかも知れない。

ずいぶん、当たり前のことですが、今頃気づいた。

結局、予測外れも損切り遅れも、私の最大の欠点、

「指標群の形にほれ込んだ、いつでもどこでもエントリー」が災いしている。

板回転が活発なとき以外は、エントリーしない。

これを死守した場合の結果を検証することにします。

1.回り続ける板回転を検知できること(チャンスの発見)
2.値動きと板回転のスベリ具合を数値化できること(押し目、下げ勢い、戻り、上げ勢いの区別)
3.指標群の形と同2のスベリとの相関をデータべース化できること(短時間トレンド方向の見分け、下で買うか、上で売るかの判断)
4.同1から3までを総合的に判断出来る頭脳部を持つこと(イン、アウトタイミングの決定)

だと思います。

私の想像レベルでは。


結局、過去から未来を知ることはできないが、今からなら未来を知ることができると思っています。
多くのディーラーが、スキャで利益を上げていることからも、未来の値動きを知る手がかりは今にあると言えると思います。
裏を返せば、いかなる種類のばく大な過去のテクニカルデータを集めたとしても、
未来の値動きは、絶対に予測できないということでもあります。
ただし、ファンダメンタルデータを折りこんだ、未来の値動き予測なら、それなりに可能と思います。

これまでのナンピンから投げパターンの大部分の原因は、閑散なのに指標群の形にほれ込んでエントリーした玉が原因となっている。
これが、「いつでもどこでもエントリー」である。

指標群から未来の値動きを知る方法はない。
しかし、前者に回り続ける板回転を加えるなら、未来の値動きを知ることができる。

結局、回り続ける板に出会わない限り、予測のスタートラインにも立てないのである。

スキャの場合も、同じく「チャンス」の時だけエントリーするしかないはず。
ここで言うチャンスも、「回り続ける板回転」を指す。

良いナンピンは、押し目、戻りにばらまく場合。
これは、チャンスでドバッと同価値である。

一方、悪いナンピンは、完全な逆追いの場合。
これは、運トレである。

このように考えてくると、
予測しやすい板回転の速い場面でのチャンスでドバッは、
肯定されるべき戦略かも知れない。
ただし、当たればの話なので、まずは、板回転継続場面へのエントリー精度を高めることを目指したい。
ここが、将来のチャンスでドバッ実現に向けたスタートラインなので。

一寸先は闇だから。
1000分の1の地雷を踏んだら、それでお終い。

損益カーブの期待値に「大数の法則」が成り立つ条件は、
何回、落ちても右上がりに戻る場合だけである。

これを妨げる原因は、ただひとつ、「ナンピンからの投げ」である。
しかし、体位入れ替えナンピンを含み、ナンピンを一切禁じてしまえば、右上がりどころかプラス圏内を保つことすら難しい。

これが、現在の私の能力である。

その場面だけ取引し、それ以外のタイミングでは玉を持たなければ良い。

しかし、その行為自体、非常に難しいのがこの世界である。

大失敗のパターンは、
1.板が回り始めたから建てたのに、その後ピタッと止まってしまった。
2.その後、値がジワジワ反対の方向へ流れ始めたのでナンピンで追った。
3.そのまま、反転することなく、強制決済時刻、夜間引け5:30を迎え投げた。

この現象は、結局、予測できない場面でエントリーした玉を運で助けようとしたら失敗した。
それだけのことである。ナンピンの本質とは、そのようなものである。

一方、ナンピンの対極にあるチャンスでドバッは、回り続けている板に対してのみ可能である。
静かな場面でやると、往復ビンタで凄いことになる。

エントリーした建玉は、いつでもどこでもエントリーの失敗グループに位置付ける。
2017.12.25以降は、この癖の徹底排除を目指したい。
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/22 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/22 21:00 22,860 2017/12/22 21:30 22,855 500
2 2017/12/22 00:03 ①5分以内 1 2017/12/22 21:35 22,850 2017/12/22 21:37 22,855 -500
3 2017/12/22 00:21 ③10~30分 1 2017/12/22 21:36 22,855 2017/12/22 21:57 22,855 0
4 2017/12/22 00:20 ③10~30分 1 2017/12/22 21:37 22,855 2017/12/22 21:57 22,855 0
5 2017/12/22 00:15 ③10~30分 1 2017/12/22 22:00 22,860 2017/12/22 22:14 22,860 0
6 2017/12/22 00:14 ③10~30分 1 2017/12/22 22:00 22,860 2017/12/22 22:14 22,860 0
7 2017/12/22 00:03 ①5分以内 1 2017/12/22 23:35 22,860 2017/12/22 23:38 22,850 -1,000
8 2017/12/22 00:12 ③10~30分 1 2017/12/22 23:38 22,850 2017/12/22 23:49 22,840 1,000
9 2017/12/22 00:12 ③10~30分 3 2017/12/22 23:38 22,850 2017/12/22 23:49 22,840 3,000
10 2017/12/23 00:16 ③10~30分 1 2017/12/22 23:56 22,840 2017/12/23 0:12 22,835 500
11 2017/12/23 00:22 ③10~30分 1 2017/12/22 23:50 22,840 2017/12/23 0:12 22,835 500
12 2017/12/23 00:05 ②5~10分 1 2017/12/23 0:07 22,845 2017/12/23 0:12 22,835 1,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 5,000

させることが、最大の欠点、いつでもどこでもエントリー癖の克服に通じるのでしょう。
具体的には、押し目・戻りの特徴、板回転のすべり発見への全力集中(中心視野)
そして、その結果としての指標群の形を参考とした取引を実現する(周辺視野)
玉子が先か、ニワトリが先か、間違うと正反対の結果を生む。
要するに、克服すべきテーマは視野役割実現の徹底である(指標群の形依存症の克服)

2017.12.20以降、そのことを意識した取引を検証します。
成果は、保有時間でモニタできます。
概ね、1時間以上、保有していた場合はいつでもどこでもエントリーした証拠となるでしょう。

現在、会員ゼロ

まだまだ、危険。

その克服を意識した取引結果。
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/19 00:13 ③10~30分 1 2017/12/19 14:33 22,845 2017/12/19 14:45 22,855 1,000
2 2017/12/19 00:07 ②5~10分 1 2017/12/19 14:51 22,855 2017/12/19 14:57 22,850 500
3 2017/12/19 00:06 ②5~10分 1 2017/12/19 16:49 22,800 2017/12/19 16:55 22,810 1,000
4 2017/12/19 00:10 ③10~30分 1 2017/12/19 17:03 22,820 2017/12/19 17:12 22,820 0
5 2017/12/19 00:05 ②5~10分 1 2017/12/19 17:33 22,840 2017/12/19 17:37 22,825 1,500
6 2017/12/19 00:29 ③10~30分 1 2017/12/19 17:12 22,815 2017/12/19 17:40 22,820 -500
7 2017/12/19 00:18 ③10~30分 1 2017/12/19 17:40 22,820 2017/12/19 17:58 22,810 -1,000
8 2017/12/19 00:08 ②5~10分 1 2017/12/19 18:57 22,830 2017/12/19 19:05 22,825 500
9 2017/12/19 00:15 ③10~30分 1 2017/12/19 18:50 22,835 2017/12/19 19:05 22,825 1,000
10 2017/12/19 01:20 ⑤1~5h 1 2017/12/19 17:58 22,810 2017/12/19 19:17 22,820 -1,000
11 2017/12/19 01:18 ⑤1~5h 1 2017/12/19 17:59 22,810 2017/12/19 19:17 22,820 -1,000
12 2017/12/19 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/19 19:17 22,820 2017/12/19 19:47 22,820 0
13 2017/12/19 00:06 ②5~10分 1 2017/12/19 21:06 22,830 2017/12/19 21:12 22,820 1,000
14 2017/12/19 00:08 ②5~10分 1 2017/12/19 21:27 22,820 2017/12/19 21:35 22,820 0
15 2017/12/19 00:21 ③10~30分 1 2017/12/19 21:44 22,830 2017/12/19 22:05 22,830 0
16 2017/12/19 00:53 ④30分~1h 1 2017/12/19 22:36 22,835 2017/12/19 23:29 22,840 500
17 2017/12/19 01:18 ⑤1~5h 1 2017/12/19 22:12 22,840 2017/12/19 23:29 22,840 0
18 2017/12/19 01:14 ⑤1~5h 1 2017/12/19 22:16 22,835 2017/12/19 23:29 22,840 500
19 2017/12/19 00:14 ③10~30分 1 2017/12/19 23:31 22,835 2017/12/19 23:45 22,815 2,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 6,000

根本原因は、いつでもどこでもエントリー
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/16 07:54 ⑥5~10h 1 2017/12/15 21:31 22,560 2017/12/16 5:25 22,705 -14,500
2 2017/12/16 10:08 ⑦10h~24h 1 2017/12/15 19:17 22,535 2017/12/16 5:25 22,705 -17,000
3 2017/12/16 05:05 ⑥5~10h 1 2017/12/16 0:20 22,670 2017/12/16 5:25 22,705 -3,500
4 2017/12/16 05:07 ⑥5~10h 1 2017/12/16 0:18 22,675 2017/12/16 5:25 22,705 -3,000
5 2017/12/16 05:08 ⑥5~10h 1 2017/12/16 0:17 22,660 2017/12/16 5:25 22,705 -4,500
6 2017/12/16 07:04 ⑥5~10h 1 2017/12/15 22:21 22,590 2017/12/16 5:25 22,705 -11,500
7 2017/12/16 06:49 ⑥5~10h 1 2017/12/15 22:37 22,605 2017/12/16 5:25 22,705 -10,000
8 2017/12/16 06:24 ⑥5~10h 1 2017/12/15 23:02 22,610 2017/12/16 5:25 22,705 -9,500
9 2017/12/18 00:43 ④30分~1h 1 2017/12/18 16:41 22,920 2017/12/18 17:24 22,950 -3,000
10 2017/12/18 00:18 ③10~30分 1 2017/12/18 17:06 22,930 2017/12/18 17:24 22,950 -2,000
11 2017/12/18 00:54 ④30分~1h 1 2017/12/18 16:31 22,895 2017/12/18 17:24 22,950 -5,500
12 2017/12/18 00:03 ①5分以内 1 2017/12/18 17:25 22,945 2017/12/18 17:28 22,940 -500
13 2017/12/18 02:06 ⑤1~5h 1 2017/12/18 17:31 22,935 2017/12/18 19:37 22,910 -2,500
14 2017/12/18 00:37 ④30分~1h 1 2017/12/18 19:00 22,915 2017/12/18 19:37 22,910 -500
15 2017/12/18 00:40 ④30分~1h 1 2017/12/18 18:57 22,920 2017/12/18 19:37 22,910 -1,000
16 2017/12/18 02:05 ⑤1~5h 1 2017/12/18 17:32 22,940 2017/12/18 19:37 22,910 -3,000
17 2017/12/18 01:57 ⑤1~5h 1 2017/12/18 17:40 22,930 2017/12/18 19:37 22,910 -2,000
18 2017/12/18 01:53 ⑤1~5h 1 2017/12/18 17:45 22,940 2017/12/18 19:37 22,910 -3,000
19 2017/12/18 00:41 ④30分~1h 1 2017/12/18 18:56 22,920 2017/12/18 19:37 22,910 -1,000
20 2017/12/18 00:06 ②5~10分 1 2017/12/18 21:16 22,940 2017/12/18 21:21 22,940 0
21 2017/12/18 00:12 ③10~30分 1 2017/12/18 21:22 22,940 2017/12/18 21:33 22,930 1,000
22 2017/12/18 00:29 ③10~30分 1 2017/12/18 21:38 22,935 2017/12/18 22:06 22,920 1,500
23 2017/12/18 00:10 ③10~30分 1 2017/12/18 22:31 22,920 2017/12/18 22:40 22,925 -500
24 2017/12/18 00:10 ③10~30分 1 2017/12/18 22:39 22,925 2017/12/18 22:48 22,925 0
25 2017/12/18 00:14 ③10~30分 1 2017/12/18 22:49 22,925 2017/12/18 23:03 22,930 -500
26 2017/12/18 00:02 ①5分以内 1 2017/12/18 23:36 22,945 2017/12/18 23:37 22,945 0
27 2017/12/18 00:02 ①5分以内 1 2017/12/18 23:35 22,930 2017/12/18 23:37 22,945 1,500
28 2017/12/18 00:03 ①5分以内 1 2017/12/18 23:34 22,925 2017/12/18 23:37 22,945 2,000
29 2017/12/18 00:04 ①5分以内 1 2017/12/18 23:34 22,925 2017/12/18 23:37 22,945 2,000
30 2017/12/18 00:05 ②5~10分 1 2017/12/18 23:33 22,925 2017/12/18 23:37 22,950 2,500
31 2017/12/18 00:36 ④30分~1h 1 2017/12/18 23:01 22,930 2017/12/18 23:37 22,950 2,000
32 2017/12/18 00:03 ①5分以内 1 2017/12/18 23:42 22,950 2017/12/18 23:45 22,950 0
33 2017/12/18 00:12 ③10~30分 1 2017/12/18 23:38 22,955 2017/12/18 23:50 22,945 -1,000
34 2017/12/18 00:06 ②5~10分 1 2017/12/18 23:44 22,945 2017/12/18 23:50 22,945 0
35 2017/12/18 00:02 ①5分以内 1 2017/12/18 23:51 22,935 2017/12/18 23:52 22,935 0
36 2017/12/18 00:03 ①5分以内 1 2017/12/18 23:50 22,945 2017/12/18 23:52 22,935 1,000
37 2017/12/18 00:05 ②5~10分 1 2017/12/18 23:54 22,935 2017/12/18 23:58 22,930 -500
38 2017/12/19 00:47 ④30分~1h 3 2017/12/19 0:04 22,930 2017/12/19 0:50 22,935 -1,500
39 2017/12/19 00:52 ④30分~1h 5 2017/12/18 23:59 22,930 2017/12/19 0:50 22,935 -2,500
40 2017/12/19 00:53 ④30分~1h 1 2017/12/18 23:58 22,930 2017/12/19 0:50 22,935 -500
41 2017/12/19 00:53 ④30分~1h 1 2017/12/18 23:58 22,930 2017/12/19 0:50 22,935 -500
42 2017/12/19 00:13 ③10~30分 1 2017/12/19 14:33 22,845 2017/12/19 14:45 22,855 1,000
43 2017/12/19 00:07 ②5~10分 1 2017/12/19 14:51 22,855 2017/12/19 14:57 22,850 500
44 2017/12/19 00:06 ②5~10分 1 2017/12/19 16:49 22,800 2017/12/19 16:55 22,810 1,000
45 2017/12/19 00:10 ③10~30分 1 2017/12/19 17:03 22,820 2017/12/19 17:12 22,820 0
46 2017/12/19 00:05 ②5~10分 1 2017/12/19 17:33 22,840 2017/12/19 17:37 22,825 1,500
47 2017/12/19 00:29 ③10~30分 1 2017/12/19 17:12 22,815 2017/12/19 17:40 22,820 -500
48 2017/12/19 00:18 ③10~30分 1 2017/12/19 17:40 22,820 2017/12/19 17:58 22,810 -1,000
49 2017/12/19 00:08 ②5~10分 1 2017/12/19 18:57 22,830 2017/12/19 19:05 22,825 500
50 2017/12/19 00:15 ③10~30分 1 2017/12/19 18:50 22,835 2017/12/19 19:05 22,825 1,000
51 2017/12/19 01:20 ⑤1~5h 1 2017/12/19 17:58 22,810 2017/12/19 19:17 22,820 -1,000
52 2017/12/19 01:18 ⑤1~5h 1 2017/12/19 17:59 22,810 2017/12/19 19:17 22,820 -1,000
53 2017/12/19 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/19 19:17 22,820 2017/12/19 19:47 22,820 0
54 2017/12/19 00:06 ②5~10分 1 2017/12/19 21:06 22,830 2017/12/19 21:12 22,820 1,000
55 2017/12/19 00:08 ②5~10分 1 2017/12/19 21:27 22,820 2017/12/19 21:35 22,820 0
56 2017/12/19 00:21 ③10~30分 1 2017/12/19 21:44 22,830 2017/12/19 22:05 22,830 0
57 2017/12/19 00:53 ④30分~1h 1 2017/12/19 22:36 22,835 2017/12/19 23:29 22,840 500
58 2017/12/19 01:18 ⑤1~5h 1 2017/12/19 22:12 22,840 2017/12/19 23:29 22,840 0
59 2017/12/19 01:14 ⑤1~5h 1 2017/12/19 22:16 22,835 2017/12/19 23:29 22,840 500
60 2017/12/19 00:14 ③10~30分 1 2017/12/19 23:31 22,835 2017/12/19 23:45 22,815 2,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 -85,500

となりました。

ただし、マニュアル化できるのは指標群関連のみ、
板回転読みは法則性がまったくないのでマニュアル化しようがありません。
言葉にすると、「高速の緑玉が赤玉洪水を食い破って下げ進む」、と、こんな感じの表現の羅列になりますので何の参考にもなりません。

昨日2017.12.15は、このマニュアルを見ながらやりました。

これがまずかった。
この行為は、結果的に中心視野をマニュアル、すなわち指標群に移すことを意味しました。
そして、板回転観察が周辺視野に追いやられ、板読みはおろそかとなり、
マニュアルを信じて投げとなりました。

今回のドカーンの根本原因は、中心視野に指標群を置いたこと。
これは、無意識のうちにも起きることなので気を付けたい。

それ以前の問題、同じように見える指標でも、
上げる場合もあれば下げる場合もあり、値動き予測法はマニュアル化できるものではない。
にも関わらず、マニュアル化してその通りやったら、みごとに外れました。
当然の結果かな・・・

読み外れにナンピンが加わるとこうなる。
年月 NO 年月日 回数 PIPS 損益 勝率 PF ペオレ 勝回 勝額 勝平均 負回 負額 負平均
2017_12 1 2017/12/11 7 60 6,000 86% 13.0 2.2 6 6,500 1,083 1 -500 -500
2017_12 2 2017/12/12 8 0 0 50% 1.0 1.0 4 3,500 875 4 -3,500 -875
2017_12 3 2017/12/13 6 45 4,500 83% 5.5 1.1 5 5,500 1,100 1 -1,000 -1,000
2017_12 4 2017/12/14 16 210 21,000 88% 4.5 0.6 14 27,000 1,929 2 -6,000 -3,000
2017_12 5 2017/12/15 4 35 3,500 75% 4.5 1.5 3 4,500 1,500 1 -1,000 -1,000
2017_12 6 2017/12/16 8 -735 -73,500 0% 0.0 0.0 0 0 0 8 -73,500 -9,188
-- -- 合計 49 -385 -38,500 65% 0.5 0.3 32 47,000 1,469 17 -85,500 -5,029

以下は、新戦略 板読みデイトレ225へ移行した初日2017.12.11~14までの全取引結果です。
着眼点は、
(1)超短時間の反射神経に依存した500円狙いスキャではないこと。
(2)同(1)に比べ保有時間が長いこと、かつ利益が1000円以上であることは、事前に値動きを予測していたことを意味する。
(3)事前に値動きを予測していなければ、この頻度でエントリーすることは不可能であること。
(4)予測が外れた場合の尻拭いシンボル、2[枚/回]、4[枚/回]、6[枚/回]、10[枚/回]が混じっていないこと。
(5)私にしか自覚できませんが、デイトレ中、まったく不安も緊張もないこと(この段階に至るまで15年くらいかかっている)
(6)全時間、張り付いていられること(勝っている内にやめることはなく、眠くなったらやめる)
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/11 00:14 ③10~30分 1 2017/12/11 18:08 22,830 2017/12/11 18:21 22,830 0
2 2017/12/11 00:22 ③10~30分 1 2017/12/11 18:31 22,830 2017/12/11 18:53 22,815 1,500
3 2017/12/11 00:06 ②5~10分 1 2017/12/11 18:55 22,820 2017/12/11 19:01 22,830 1,000
4 2017/12/11 00:13 ③10~30分 1 2017/12/11 19:33 22,855 2017/12/11 19:46 22,840 1,500
5 2017/12/11 01:04 ⑤1~5h 1 2017/12/11 19:04 22,835 2017/12/11 20:08 22,840 -500
6 2017/12/11 00:20 ③10~30分 1 2017/12/11 20:09 22,845 2017/12/11 20:28 22,850 500
7 2017/12/11 00:13 ③10~30分 1 2017/12/11 22:19 22,830 2017/12/11 22:31 22,840 1,000
8 2017/12/11 02:11 ⑤1~5h 1 2017/12/11 20:36 22,845 2017/12/11 22:46 22,845 0
9 2017/12/11 00:46 ④30分~1h 1 2017/12/11 22:56 22,845 2017/12/11 23:42 22,835 1,000
10 2017/12/12 00:13 ③10~30分 1 2017/12/12 18:56 22,835 2017/12/12 19:08 22,825 1,000
11 2017/12/12 00:09 ②5~10分 1 2017/12/12 19:41 22,840 2017/12/12 19:49 22,830 1,000
12 2017/12/12 00:45 ④30分~1h 1 2017/12/12 20:00 22,840 2017/12/12 20:45 22,835 500
13 2017/12/12 01:48 ⑤1~5h 1 2017/12/12 19:16 22,820 2017/12/12 21:03 22,840 -2,000
14 2017/12/12 00:16 ③10~30分 1 2017/12/12 20:48 22,840 2017/12/12 21:03 22,840 0
15 2017/12/12 00:18 ③10~30分 1 2017/12/12 21:04 22,840 2017/12/12 21:21 22,850 1,000
16 2017/12/12 00:20 ③10~30分 1 2017/12/12 21:28 22,850 2017/12/12 21:47 22,855 -500
17 2017/12/12 00:13 ③10~30分 1 2017/12/12 21:47 22,855 2017/12/12 22:00 22,850 -500
18 2017/12/12 00:08 ②5~10分 1 2017/12/12 21:53 22,855 2017/12/12 22:00 22,850 -500
19 2017/12/13 01:47 ⑤1~5h 1 2017/12/12 22:30 22,850 2017/12/13 0:17 22,855 500
20 2017/12/13 01:33 ⑤1~5h 1 2017/12/12 22:44 22,835 2017/12/13 0:17 22,855 2,000
21 2017/12/13 01:51 ⑤1~5h 1 2017/12/13 18:52 22,735 2017/12/13 20:43 22,730 500
22 2017/12/13 00:22 ③10~30分 1 2017/12/13 20:43 22,730 2017/12/13 21:05 22,720 -1,000
23 2017/12/13 00:20 ③10~30分 1 2017/12/13 21:29 22,730 2017/12/13 21:48 22,715 1,500
24 2017/12/13 00:43 ④30分~1h 1 2017/12/13 21:06 22,715 2017/12/13 21:48 22,715 0
25 2017/12/13 00:20 ③10~30分 1 2017/12/13 22:12 22,715 2017/12/13 22:31 22,705 1,000
26 2017/12/14 00:14 ③10~30分 1 2017/12/13 23:53 22,760 2017/12/14 0:06 22,745 1,500
27 2017/12/14 00:05 ②5~10分 1 2017/12/14 0:10 22,745 2017/12/14 0:14 22,755 1,000
28 2017/12/14 00:05 ②5~10分 1 2017/12/14 0:10 22,745 2017/12/14 0:14 22,755 1,000
29 2017/12/14 03:01 ⑤1~5h 1 2017/12/13 23:39 22,730 2017/12/14 2:39 22,730 0
30 2017/12/14 01:09 ⑤1~5h 1 2017/12/14 1:31 22,775 2017/12/14 2:39 22,730 4,500
31 2017/12/14 02:25 ⑤1~5h 1 2017/12/14 0:15 22,755 2017/12/14 2:39 22,730 2,500
32 2017/12/14 02:07 ⑤1~5h 1 2017/12/14 0:33 22,755 2017/12/14 2:39 22,730 2,500
33 2017/12/14 04:07 ⑤1~5h 1 2017/12/13 22:33 22,690 2017/12/14 2:39 22,730 -4,000
34 2017/12/14 03:43 ⑤1~5h 1 2017/12/13 22:57 22,710 2017/12/14 2:39 22,730 -2,000
35 2017/12/14 01:09 ⑤1~5h 1 2017/12/14 1:31 22,770 2017/12/14 2:39 22,730 4,000
36 2017/12/14 00:07 ②5~10分 1 2017/12/14 17:03 22,685 2017/12/14 17:09 22,665 2,000
37 2017/12/14 00:39 ④30分~1h 1 2017/12/14 16:30 22,665 2017/12/14 17:09 22,665 0
38 2017/12/14 00:07 ②5~10分 1 2017/12/14 17:13 22,665 2017/12/14 17:19 22,675 1,000
39 2017/12/14 00:31 ④30分~1h 1 2017/12/14 17:21 22,685 2017/12/14 17:51 22,670 1,500
40 2017/12/14 00:09 ②5~10分 1 2017/12/14 18:48 22,690 2017/12/14 18:57 22,675 1,500
41 2017/12/14 00:06 ②5~10分 1 2017/12/14 19:22 22,650 2017/12/14 19:27 22,665 1,500
42 2017/12/14 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/14 19:49 22,665 2017/12/14 20:19 22,665 0
43 2017/12/14 01:32 ⑤1~5h 1 2017/12/14 21:22 22,655 2017/12/14 22:54 22,675 2,000
44 2017/12/14 02:32 ⑤1~5h 1 2017/12/14 20:22 22,670 2017/12/14 22:54 22,675 500
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 31,500

少なくとも、数ヶ月間様子を見てドカーンレベルを計っておくのが懸命と思います。
これまでの実績から、0.1%の確率で-50万円全力投げを食らう可能性がございます。

経験値が上がるほど、危険度は減る可能性がありますので、
数ヶ月分実績が出た後の方がご検討されるには有利です。
ダメ戦略なら、数ヶ月を待たず-100万円クラスのドカーンカーブを描くはずですから。

その理由は、モンスターはいつも魚釣りをしているから。

釣っておいて、一番効率の良いときに思いっきり逆へ振る。
下げるフリしてジワジワ上げる。
上げるフリしてジワジワ下げる。
他、何でもありですが、流れに乗ろうとするとかなりの確率で逆へ振られる。

新戦略、「板読みデイトレ225」は、
押し目、戻りを狙うので、エントリーしたその瞬間は、含み損を抱える場合が多い。
結局、モンスターが仕掛けるワナに対して逆張りすることが、順張りである訳です。

そのためには、モンスターのワナを片っ端から見破らなければならない。
そんなことができるかどうかは別にして、ここを出発点としなければ進歩はない。

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/11 00:14 ③10~30分 1 2017/12/11 18:08 22,830 2017/12/11 18:21 22,830 0
2 2017/12/11 00:22 ③10~30分 1 2017/12/11 18:31 22,830 2017/12/11 18:53 22,815 1,500
3 2017/12/11 00:06 ②5~10分 1 2017/12/11 18:55 22,820 2017/12/11 19:01 22,830 1,000
4 2017/12/11 00:13 ③10~30分 1 2017/12/11 19:33 22,855 2017/12/11 19:46 22,840 1,500
5 2017/12/11 01:04 ⑤1~5h 1 2017/12/11 19:04 22,835 2017/12/11 20:08 22,840 -500
6 2017/12/11 00:20 ③10~30分 1 2017/12/11 20:09 22,845 2017/12/11 20:28 22,850 500
7 2017/12/11 00:13 ③10~30分 1 2017/12/11 22:19 22,830 2017/12/11 22:31 22,840 1,000
8 2017/12/11 02:11 ⑤1~5h 1 2017/12/11 20:36 22,845 2017/12/11 22:46 22,845 0
9 2017/12/11 00:46 ④30分~1h 1 2017/12/11 22:56 22,845 2017/12/11 23:42 22,835 1,000
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 6,000

その答えは、運と忍耐、どちらでギブアップしたかどうかだけ。

それは、トレーダー側の問題であったり、会員側の問題であったり、社会情勢の問題であったりする。

そして、ギブアップした次の日には、逆の結果を見るハメになる。

なぁ~んてことは、日常茶飯事に起こっている。

それら諸々を含めた損益の結果が、MIRROR MANAGERの成績順位であり、それらをどう捕らえるかは、会員側の問題である。

こればかりは、本人の私にも分かりません。

2017年12月以降の損益実績で判断するしかありません。

しかし、このタイミングで新戦略を打ち出したこと自体、
先般、お知らせしました試行錯誤の段階を終了したことを意味します。

実用に耐えるかどうかは、今後の検証結果次第です。

せめて、三ヶ月間、マイナス損益に転落しないことを祈りたいところ・・・。

と、この程度です。

今、申し上げられることは。

その説明の前に、私の値動き予測はHyper SBIの板でなければならないことを申し上げておきます。
その理由は、売り玉が緑、買い玉が赤という具合に色が付いているから。
もし、これらの色分けがなければ、私の値動き予測法はまったく成り立たないのである。

板回転から、戻りと上げ勢いを区別し、押し目と下げ勢いを区別するための要素は、
板回転具合、緑大玉(3ケタ)、赤大玉(3ケタ)、緑中玉(2ケタ)、赤中玉(2ケタ)、緑小玉(1ケタ)、赤小玉(1ケタ)の流れと値動きとの関係。

しかし、大玉でも値動きが鈍い場合もあるし、小玉でも値動きが鋭い場合もあるし、板回転が速くても値動きが鈍い場合もあるし、遅くても値動きが鋭い場合もある。それらに、相関はまったくないのである。したがって、板から値動き予測に通じる情報は何一つ得られない。

ところが、読める情報がたったひとつだけある。

それは、クラッチのスベリ具合。
つまり、上述した戻りと上げ勢いを区別、押し目と下げ勢いを区別する手がかりである。

その手がかりと指標群を組み合わせることによって、初めて値動き予測が可能となる。

よって、板読みだけ、あるいは指標群の組み合わせだけ、どちらか片方だけでは私の値動き予測法は成り立たないのである。

ひとことで言えば、押し目と戻りに的確にエントリーできているかどうかです。
1回当たりの新規建玉数のバラツキを見れば一目瞭然です。
危険度の低かった取引は、下表のように毎回1[枚/回]かつ損益が1,000[円/枚]以上の場合です。
20171208 (1)

一方、危険度の高かった取引は、
2[枚/回]、4[枚/回]、6[枚/回]、10[枚/回]が混じる場合です。
それらは、読みが外れた場合の尻拭いを示します。

戦略名 板読みデイトレ225

(1) 中心視野に板とローソク、周辺視野に指標群を置いたデイトレです。
  いかなる組み合わせの指標群でも、それらだけで未来の値動きを予測することは絶対に不可能である。
 常に、板読みが先行しなければ値動き予測は成り立たない。
 と言っても、激しく流れる数字を読むことは不可能だし、読めたところで何の意味もない。
 私が読んでいるのは、板回転具合と大ざっぱな数字の桁数の流れだけ。 

(2) 押し目と戻りを狙います。
 順張りと逆張りは、紙一重。
 トレンドを読んでエントリーするなどということは元々不可能。
 その理由は、常にそこがトレンドの終わりかも知れないし始まりかも知れないので。
 順張りと思われる押し目や戻り、それら一段に付き1枚づつ新規でばらまいて、
 目的の勢いを待つという手法をとるので、ばらまいた時点では逆張りに見える。

(3) 夜間引け、翌AM 5:30で強制決済します。
 この条件により、ロスカット500円/枚の意味はない。
 同(2)を成り立たせつつ、ドカンリスクとのバランスを取ったものである。

【取引概要】
平均保有期間:8:45~5:30
配信時間:8:45~5:30
平均取引数:数十回/月 以上
ストップロスオーダーの設定値:500円/枚
最大保有枚数:10枚
開始時推奨資金:100万円

持ち越し(10h以上保有)ありルールでの損害は、
下表の通り、頻度3%で、▲63万円となりました。
よって、私の場合は、持ち越し厳禁と結論付けられました。
保有区分 発生率 回数 損益
①5分以内 15.6% 311 139,500
②5~10分 18.9% 376 208,800
③10~30分 30.6% 608 88,400
④30分~1h 15.2% 303 -91,500
⑤1~5h 15.4% 307 -361,900
⑥5~10h 1.3% 25 -5,900
⑦10h~24h 1.8% 36 -271,300
⑧1~2日 0.1% 2 4,000
⑨2~3日 0.2% 3 25,000
⑩3~4日 0.6% 12 -32,500
⑪4~5日 0.1% 2 -21,000
⑫5~6日 0.1% 2 -304,000
⑬6~7日 0.1% 2 -33,500
合計 100.0% 1,989 -655,900

戦略名 板読みデイトレ225

(1) 中心視野に板とローソク、周辺視野に指標群を置いたデイトレです。
(2) 押し目と戻りを狙います。
(3) 夜間引け、翌AM 5:30で強制決済します。

【取引概要】
平均保有期間:8:45~5:30
配信時間:8:45~5:30
平均取引数:数十回/月 以上
ストップロスオーダーの設定値:500円/枚
最大保有枚数:10枚
開始時推奨資金:100万円

NO 年月 回数 円/回 PIPS 損益 勝率 買勝率 売勝率 PF ペオレ 勝回 勝額 勝平均 負回 負額 負平均
1 2017_01 6 500 30 3,000 83% 67% 100% 1.7 0.3 5 7,500 1,500 1 -4,500 -4,500
2 2017_02 356 193 690 69,000 71% 72% 70% 1.3 0.5 254 290,000 1,142 102 -221,000 -2,167
3 2017_03 260 167 435 43,500 67% 71% 62% 1.2 0.6 174 241,000 1,385 86 -197,500 -2,297
4 2017_04 159 -996 -1,585 -158,500 50% 54% 46% 0.6 0.6 80 203,000 2,538 79 -361,500 -4,576
5 2017_05 51 2,058 1,050 105,000 80% 80% 81% 3.7 0.9 41 143,500 3,500 10 -38,500 -3,850
6 2017_06 59 1,177 695 69,500 81% 88% 72% 4.2 1.0 48 91,000 1,896 11 -21,500 -1,955
7 2017_07 60 141 85 8,500 59% 68% 54% 1.1 0.8 34 96,000 2,824 24 -87,500 -3,646
8 2017_08 145 -175 -254 -25,400 63% 64% 63% 0.9 0.5 89 170,600 1,917 52 -196,000 -3,769
9 2017_09 99 -3,492 -3,458 -345,800 62% 68% 56% 0.3 0.2 61 167,900 2,752 38 -513,700 -13,518
10 2017_10 128 109 140 14,000 66% 69% 60% 1.1 0.6 84 132,500 1,577 44 -118,500 -2,693
11 2017_11 303 -1,838 -5,570 -557,000 57% 54% 60% 0.4 0.3 173 404,500 2,338 130 -961,500 -7,396
12 2017_12 82 1,385 1,136 113,600 61% 62% 60% 2.2 1.4 50 207,500 4,150 32 -93,900 -2,934
-- 累計 1,708 -386 -6,606 -660,600 64% 67% 62% 0.8 0.4 1,093 2,155,000 1,972 609 -2,815,600 -4,623

すべての屈折でエントリーしたらこうなりました。 派手にやられ、確かに危険度倍々増でした。 全屈折の内、押し目底、戻り頂点だけをナンピンで拾い集めるようでなければ進歩はない。 しばらく、試行錯誤が続きます。
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/6 00:06 ②5~10分 1 2017/12/6 16:32 22,135 2017/12/6 16:37 22,125 1,000
2 2017/12/6 00:02 ①5分以内 1 2017/12/6 16:41 22,100 2017/12/6 16:42 22,075 -2,500
3 2017/12/6 00:03 ①5分以内 1 2017/12/6 16:43 22,085 2017/12/6 16:45 22,055 -3,000
4 2017/12/6 00:05 ②5~10分 1 2017/12/6 16:43 22,070 2017/12/6 16:48 22,085 1,500
5 2017/12/6 00:02 ①5分以内 1 2017/12/6 16:46 22,085 2017/12/6 16:48 22,085 0
6 2017/12/6 00:04 ①5分以内 1 2017/12/6 16:48 22,070 2017/12/6 16:52 22,105 -3,500
7 2017/12/6 00:03 ①5分以内 1 2017/12/6 16:50 22,075 2017/12/6 16:52 22,100 -2,500
8 2017/12/6 02:31 ⑤1~5h 2 2017/12/6 17:01 22,085 2017/12/6 19:32 22,115 -6,000
9 2017/12/6 02:31 ⑤1~5h 1 2017/12/6 17:01 22,090 2017/12/6 19:32 22,115 -2,500
10 2017/12/6 02:30 ⑤1~5h 3 2017/12/6 17:03 22,095 2017/12/6 19:32 22,115 -6,000
11 2017/12/6 00:03 ①5分以内 6 2017/12/6 19:32 22,110 2017/12/6 19:35 22,135 15,000
12 2017/12/6 01:16 ⑤1~5h 1 2017/12/6 20:15 22,170 2017/12/6 21:30 22,135 3,500
13 2017/12/6 01:38 ⑤1~5h 1 2017/12/6 19:52 22,155 2017/12/6 21:30 22,135 2,000
14 2017/12/6 01:54 ⑤1~5h 1 2017/12/6 19:37 22,140 2017/12/6 21:30 22,135 500
15 2017/12/6 00:18 ③10~30分 1 2017/12/6 21:43 22,155 2017/12/6 22:01 22,165 1,000
16 2017/12/6 00:30 ④30分~1h 1 2017/12/6 22:30 22,120 2017/12/6 23:00 22,165 4,500
17 2017/12/6 00:38 ④30分~1h 1 2017/12/6 22:23 22,155 2017/12/6 23:00 22,165 1,000
18 2017/12/6 00:58 ④30分~1h 1 2017/12/6 22:03 22,170 2017/12/6 23:00 22,165 -500
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 3,500

何が理想的かというと、損切りが。
NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 約定値 損益
1 2017/12/4 00:42 ④30分~1h 1 2017/12/4 18:47 22,730 2017/12/4 19:29 22,745 1,500
2 2017/12/4 00:50 ④30分~1h 1 2017/12/4 18:39 22,745 2017/12/4 19:29 22,745 0
3 2017/12/4 00:44 ④30分~1h 1 2017/12/4 20:01 22,730 2017/12/4 20:44 22,755 -2,500
4 2017/12/4 00:43 ④30分~1h 1 2017/12/4 20:32 22,746 2017/12/4 21:14 22,755 -900
5 2017/12/4 00:29 ③10~30分 1 2017/12/4 20:46 22,755 2017/12/4 21:14 22,755 0
6 2017/12/4 00:05 ②5~10分 1 2017/12/4 21:14 22,755 2017/12/4 21:19 22,760 500
7 2017/12/4 00:04 ①5分以内 1 2017/12/4 21:15 22,755 2017/12/4 21:19 22,760 500
8 2017/12/4 00:11 ③10~30分 1 2017/12/4 21:31 22,775 2017/12/4 21:42 22,780 500
9 2017/12/4 00:02 ①5分以内 1 2017/12/4 21:56 22,775 2017/12/4 21:57 22,770 -500
10 2017/12/4 00:09 ②5~10分 1 2017/12/4 21:55 22,775 2017/12/4 22:04 22,760 1,500
11 2017/12/4 00:09 ②5~10分 1 2017/12/4 21:56 22,770 2017/12/4 22:04 22,760 1,000
12 2017/12/4 00:08 ②5~10分 1 2017/12/4 21:57 22,770 2017/12/4 22:04 22,760 1,000
13 2017/12/4 00:09 ②5~10分 1 2017/12/4 22:11 22,770 2017/12/4 22:20 22,770 0
14 2017/12/4 00:15 ③10~30分 1 2017/12/4 22:21 22,770 2017/12/4 22:36 22,775 500
15 2017/12/4 00:07 ②5~10分 1 2017/12/4 22:29 22,765 2017/12/4 22:36 22,775 1,000
16 2017/12/4 00:21 ③10~30分 1 2017/12/4 22:44 22,770 2017/12/4 23:04 22,780 -1,000
17 2017/12/4 00:05 ②5~10分 1 2017/12/4 23:05 22,785 2017/12/4 23:10 22,785 0
18 2017/12/4 00:06 ②5~10分 1 2017/12/4 23:05 22,785 2017/12/4 23:10 22,785 0
19 2017/12/4 00:02 ①5分以内 1 2017/12/4 23:30 22,785 2017/12/4 23:31 22,785 0
20 2017/12/4 00:17 ③10~30分 1 2017/12/4 23:37 22,775 2017/12/4 23:53 22,770 500
21 2017/12/4 00:21 ③10~30分 1 2017/12/4 23:33 22,780 2017/12/4 23:53 22,770 1,000
22 2017/12/4 00:20 ③10~30分 2 2017/12/4 23:34 22,765 2017/12/4 23:53 22,770 -1,000
23 2017/12/4 00:15 ③10~30分 1 2017/12/4 23:39 22,795 2017/12/4 23:53 22,770 2,500
24 2017/12/4 00:16 ③10~30分 1 2017/12/4 23:38 22,800 2017/12/4 23:54 22,765 3,500
--- --- --- --- --- --- --- --- --- 損益 9,600

たぶん、諦めていないからだと思います。

値動き予測法の発見を。

中心視野にローソクと板回転を置き、
バイクラ・セリクラから値が逆行していくパタンとそれらなしに値が順行していくパタンを見分けること。
周辺視野に前者を見分ける手がかりとしての指標群を置くこと。
と、ここまでの骨子はつかんでいるのですが、そこから先へはなかなか進めない。

youtubeで見かけた有名ディーラーは、ローソクと板回転だけを見ていつもエントリーしているとのことなので、中心視野にローソクと板回転を置くべきことだけは正しいようです。

周辺視野を構成する指標群について、しばらく試行錯誤が続きます。

以上、危険予告の内訳を記載してみました。

ちなみに、中心視野と周辺視野を逆転させると進歩する可能性はない。

なぜ、ゼロにならないのか、私には理解できない・・・

ちなみに、会員数に関わらず、私のように必要経費の方が上回るトレーダーの報酬は常時ゼロです。
必要経費算出の関数は不明ですが、少なくとも会員さんに損させてトレーダーには報酬を支払うということはないようです。
当然のルールと思っています。

このページのトップヘ