口座と一致 板読みデイトレ225 投資顧問 TRADERS CLOUD

口座と一致 板読みデイトレ225 投資顧問 TRADERS CLOUD

nk203
インチキなし。運トレなし。全取引履歴 公開中、TRADERS CLOUD(トレーダーズファームバスケット、MIRROR MANAGER) デイトレーダー、カテ【苦情・質問・口コミ・評判・悪評・悪徳・体験・掲示板への回答】、[配信休日]追加済み。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
◆公開取引履歴と会員様口座の取引履歴は完全一致する(岡三、SBI、kabu.com、楽天提供API経由)
◆取引条件は完全デイトレ、最大同時保有数10枚、損切り190円/枚、翌朝AM5:30強制全決済。
◆本戦略は、損益が右上がり安定でなければ破産する。
◆トレーダーは、10日間を超える休暇は、会社に事前に届け出なければならない。
◆過去も現在も、恐らく未来も証拠付きで225デイトレを成功させた例は存在しない。

しかし、だらだらで買うと、だらだら下げる場合もあるし、
かといって、急で買うと、だらだら下げるし。
どうにも、こうにも、買いは慣れること自体が難しい。

一方、売りの場合は、割と高速回転で推移するので入りやすい。

しばらく、買い訓練は続きそう・・・。

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 返済値 損益
1 2019/10/23 00:15 ③10~30分 1 2019/10/23 23:32 22,715 2019/10/23 23:46 22,735 -2,000
2 2019/10/23 00:14 ③10~30分 1 2019/10/23 23:17 22,700 2019/10/23 23:30 22,730 3,000
3 2019/10/23 00:19 ③10~30分 1 2019/10/23 23:11 22,710 2019/10/23 23:30 22,730 2,000
4 2019/10/23 00:20 ③10~30分 1 2019/10/23 23:10 22,705 2019/10/23 23:30 22,730 2,500
5 2019/10/23 00:16 ③10~30分 2 2019/10/23 22:54 22,720 2019/10/23 23:09 22,700 4,000
6 2019/10/23 00:40 ④30分~1h 1 2019/10/23 22:50 22,715 2019/10/23 23:30 22,730 1,500
7 2019/10/23 00:20 ③10~30分 3 2019/10/23 22:50 22,715 2019/10/23 23:09 22,700 4,500
8 2019/10/23 00:43 ④30分~1h 3 2019/10/23 22:48 22,735 2019/10/23 23:30 22,730 -1,500
9 2019/10/23 00:44 ④30分~1h 1 2019/10/23 22:47 22,745 2019/10/23 23:30 22,730 -1,500
10 2019/10/23 00:02 ①5分以内 1 2019/10/23 22:45 22,725 2019/10/23 22:46 22,745 -2,000
11 2019/10/23 00:02 ①5分以内 1 2019/10/23 22:45 22,720 2019/10/23 22:46 22,740 2,000
12 2019/10/23 00:02 ①5分以内 1 2019/10/23 22:41 22,700 2019/10/23 22:43 22,700 0
13 2019/10/23 00:07 ②5~10分 1 2019/10/23 22:40 22,695 2019/10/23 22:46 22,745 -5,000
14 2019/10/23 00:02 ①5分以内 1 2019/10/23 22:38 22,690 2019/10/23 22:40 22,695 500
15 2019/10/23 00:11 ③10~30分 1 2019/10/23 22:36 22,675 2019/10/23 22:46 22,745 -7,000
16 2019/10/23 00:12 ③10~30分 1 2019/10/23 21:13 22,650 2019/10/23 21:24 22,660 1,000
17 2019/10/23 00:21 ③10~30分 1 2019/10/23 20:29 22,635 2019/10/23 20:49 22,640 500
18 2019/10/23 00:06 ②5~10分 1 2019/10/23 20:25 22,630 2019/10/23 20:31 22,625 500
19 2019/10/23 00:11 ③10~30分 1 2019/10/23 20:11 22,655 2019/10/23 20:22 22,635 2,000
20 2019/10/23 00:24 ③10~30分 1 2019/10/23 19:58 22,645 2019/10/23 20:22 22,635 1,000
21 2019/10/23 00:27 ③10~30分 1 2019/10/23 19:55 22,630 2019/10/23 20:22 22,635 -500
22 2019/10/23 00:21 ③10~30分 1 2019/10/23 19:50 22,630 2019/10/23 20:11 22,655 2,500
23 2019/10/23 00:12 ③10~30分 1 2019/10/23 19:38 22,660 2019/10/23 19:50 22,630 3,000
24 2019/10/23 00:35 ④30分~1h 1 2019/10/23 19:36 22,660 2019/10/23 20:11 22,660 0
25 2019/10/23 00:39 ④30分~1h 1 2019/10/23 19:32 22,670 2019/10/23 20:11 22,660 -1,000
26 2019/10/23 01:00 ⑤1~5h 1 2019/10/23 19:11 22,680 2019/10/23 20:11 22,660 -2,000
--- --- --- --- 31 手数料 ▲2,480 ハチャ(手/損) = 31% 損益 8,000

時代が進み、仮にローソクの形、指標群の兆候、
板回転の様態を同時に分析できるようになったとしても、
その結果が、以下いずれの場面に該当するかを区別することは不可能だから。

1.押し目と下げ勢いの区別
2.戻りと上げ勢いの区別
3.押し目構成の一部としての戻りの区別
4.戻り構成の一部としての押し目の区別
5.出来高規模の大小・緩急と値動きの相対性
6.モンスターのワナ
7.損切り・利確判断

なぜなら、ディープラーニングを重ね、ある兆候に出会ったらこう動く、
あるいは、もっと進化して幅を持たせてファジーにこう動くと判断できたとしても、
その判断自体が、どこまで行っても、過去の兆候を根拠とした固定化された物差しであるため。
結局、当たる場合もあれば、外れる場合もある。
問題なのは外れた場合であり、外れたこと自体を認識できず、必ず▲ドカーンとやること。
ここを解決するには、変化に対して連続的に当て続ける「魔法の物差し」を持ってこなければならない。

実は、ディープラーニングAIが有効となる大前提は、
「魔法の売買ルール」が存在することなのです。

EAやシストレも同じことですが、実際は存在しないものを根拠に、
いくら高度で複雑なロジックやディープラーニングを重ねても、まったくの無意味。
すべての固定化された物差しは、必ず、ジグザグドカーンとなります。
値動き予測を成功させる可能性はありません。

もし、それらが長期右上がり安定を描いている例を見かけたなら、
そこには、必ず、インチキ(後出しじゃんけんや改ざん)という名の「魔法の売買ルール」が存在します。
それら本来の損益カーブが見たければ、インチキが介在する可能性のない、
ご自身のデモ口座やリアル口座の履歴、あるいは前例として参考にしたければ、
バトンタッチ系の公式ページの取引履歴が良い例になります。

よって、標題の答をひとことに縮めるなら、
「魔法の売買ルール」は、最初から存在しないから。
それだけのことです。

ちなみに、同1~7の区別や判断は、人間の右脳 [未来分析=魔法の売買ルール] なら可能性があります。

もし、TRADERS CLOUDで、私が身をもって実現してみせたら、
金持ちの大量生産が可能かも知れませんね・・・。
果たして、そのような日が来るでしょうか・・・。
来れば良いですね・・・。
そのために、私はここにいるので。

これまでのスタートライン往復数は、数え切れない・・・。
できなければ、できるまでやる根性でここまで来ましたが、
買いを極めれば、コツコツドカーンのコントラストが平準化され、
同ラインを上抜ける可能性があります。
キャプチャ

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 返済値 損益
1 2019/10/22 00:08 ②5~10分 1 2019/10/21 23:57 22,650 2019/10/22 0:04 22,660 1,000
2 2019/10/21 00:19 ③10~30分 1 2019/10/21 23:30 22,640 2019/10/21 23:48 22,640 0
3 2019/10/21 00:07 ②5~10分 1 2019/10/21 23:22 22,630 2019/10/21 23:29 22,635 500
4 2019/10/21 00:10 ③10~30分 3 2019/10/21 23:12 22,625 2019/10/21 23:22 22,630 1,500
5 2019/10/21 00:11 ③10~30分 1 2019/10/21 23:11 22,625 2019/10/21 23:22 22,630 500
6 2019/10/21 00:14 ③10~30分 1 2019/10/21 23:08 22,625 2019/10/21 23:22 22,630 500
7 2019/10/21 00:04 ①5分以内 1 2019/10/21 23:08 22,620 2019/10/21 23:12 22,625 -500
8 2019/10/21 00:06 ②5~10分 1 2019/10/21 23:06 22,610 2019/10/21 23:12 22,625 -1,500
9 2019/10/21 00:08 ②5~10分 3 2019/10/21 22:58 22,625 2019/10/21 23:05 22,620 1,500
10 2019/10/21 00:15 ③10~30分 1 2019/10/21 22:51 22,630 2019/10/21 23:05 22,620 1,000
11 2019/10/21 00:14 ③10~30分 1 2019/10/21 22:37 22,635 2019/10/21 22:51 22,630 -500
12 2019/10/21 00:02 ①5分以内 1 2019/10/21 22:35 22,625 2019/10/21 22:36 22,635 1,000
13 2019/10/21 00:06 ②5~10分 1 2019/10/21 22:30 22,625 2019/10/21 22:35 22,625 0
14 2019/10/21 00:56 ④30分~1h 1 2019/10/21 19:28 22,595 2019/10/21 20:23 22,585 -1,000
15 2019/10/21 00:11 ③10~30分 1 2019/10/21 19:22 22,590 2019/10/21 19:32 22,595 -500
16 2019/10/21 00:27 ③10~30分 1 2019/10/21 18:53 22,595 2019/10/21 19:19 22,585 1,000
17 2019/10/21 01:40 ⑤1~5h 1 2019/10/21 18:44 22,595 2019/10/21 20:23 22,585 -1,000
--- --- --- --- 21 手数料 ▲1,680 ハチャ(手/損) = 48% 損益 3,500

このブログで書き始めたいですね。
それを私自身が、実績(長期右上がり安定)で証明できたらの話ですが・・・。
第一関門は、公式ページで+40万円超えを実現すること。


ちなみに、現在、確実に分かっていることを以下の通り再掲します。

過去分析から未来の値動きを予測する方法、
すなわちローソクや指標群の形や兆候から、
押し目と戻りを探り当てる方法はない。
慣性次第で当たることも外れることもあり、「この方法なら行ける」
という手応えを感じる可能性はない。
右脳(未来へのアプローチ)を持たず、
過去分析(左脳領域)のみ得意とするEAやシストレ、
あるいは最先端ディープラーニングAIがまったく役立たない理由はこの辺にある。
加えて、過去分析では何をどのように、たとえ50年かけて学習しようとも、
決して、努力と成果が比例することはない理由もここにある。
なお、スキャは未来分析に分類される。

結局、スキャ、スイング、短期、中長期の内、
長期右上がり安定を実現できる可能性は、
運の要素を除外した「スキャ」しかない。
それ以外は、運次第の綱渡りとなる。

なお、板読みデイトレ225は、
これまでの取引法に存在しない「右脳スクリーンに未来の値動きの描画?動画?を映し出し、判断する完全未来予測型」です。
225デイトレを成功させた例は、過去も現在も恐らく未来も存在しない理由は、
同手法は存在しないからだと、私自身は思っています。

現時点、フィーリング段位 初段の平均的な成績です。

パッと見で、コツコツドカーンのコントラストが大きいこと、
すなわち損切りが遅れていることが分かります。
そして、同コントラストが大きいということは、
予測が外れた場合に、外れていること自体を認識できないことを意味します。

長期間右上がり安定を実現するには、
デイトレ中、シームレスに売り買いどちらの予測も、当て続けなければなりません。
そのためには、売り買いどちらも得意である必要があります。

私の場合、ドカーンの原因は、
不得手な「買い」を敬遠し、無理にでも売りで勝負していることにあります。
その結果、「売り」の全力投げのパタンが多い。

2019.10以降は、同コントラストを平準化すべく、
不自然なまでに買いを増やし、同経験を積んでいるところです。

思いつくまま、要旨を箇条書き程度で。

◆基本戦法
押し目と戻りを狙って、1枚スタートナンピンをばらまくこと。
ただし、フィーリング段位(能力)に応じて、「攻めの両建て」、「受けの両建て」、「比重乗せナンピン」、
「過剰比重乗せナンピン」「一点多数枚がけ」を使い分ける。

◆新規・返済は、すべて成り行き注文

◆取引条件は完全デイトレ、最大同時保有数10枚、損切り190円/枚、翌朝AM5:30強制全決済。
 普通のサラリーマンに付き、取引時間帯はナイトセッション18:00~24:00まで。
 たまに、慣れない前場をやることもあるが▲ドカーンとやる可能性が高い。

◆押し目と戻りは、未来分析によってのみ判断可能(フィーリング段位 初段以上)
予測の骨子は、「押し目と下げ勢い」を区別し、
あるいは「戻りと上げ勢い」を区別することある。
板回転を中心視野、1,3,5,15,60分足の指標群(5画面)を周辺視野に置き、
3分後の下げ勢いより10分後の上げ勢いが大きい場合、前者を押し目として買いで入る。
3分後の上げ勢いより10分後の下げ勢いが大きい場合、前者を戻りとして売りで入る。
しかし、それらは、もっと未来の押し目構成の一部としての戻り、
あるいは戻り構成の一部としての押し目としても存在するので、
売り買いどちらで入るべきか、
あるいは両建てで入るべきかを時と場合で選択しなければならない。
この辺の能力が、フィーリング段位、初段から四段以上を分ける。

ちなみに過去分析から未来の値動きを予測する方法、
すなわちローソクや指標群の形や兆候から、
押し目と戻りを探り当てる方法はない。
慣性次第で当たることも外れることもあり、「この方法なら行ける」
という手応えを感じる可能性はない。
右脳(未来へのアプローチ)を持たず、
過去分析(左脳領域)のみ得意とするEAやシストレ、
あるいは最先端ディープラーニングAIがまったく役立たない理由はこの辺にある。
加えて、過去分析では何をどのようにたとえ50年かけて学習しようとも、
決して、努力と成果が比例することはない理由もここにある。
なお、スキャは未来分析に分類される。

予測とは連続的に当てなければ使い物にならない。
外れ側の予測で、必ず▲ドカーンとやられるので。

しかし、未来分析から未来の値動きを予測する方法はある。
板回転を中心視野、1,3,5,15,60分足のお気に入りの指標群(5画面)を周辺視野に置き、
右脳をフル回転させるなら、上述未来分析が可能かも知れない。
それが可能かどうかは、私自身がやってみせなければ証明できない。
この証明に成功した例は、過去も現在も恐らく未来も存在しない。

◆攻めの両建て(同 初段以上)
上げトレンドの上げ勢い頂点に両建てを仕掛け、
その後の押し目下げ落差と上げ勢いの両方を刈り取る戦法である。
または、下げトレンドの下げ勢いの底に両建てを仕掛け、
その後の戻り上げ分と下げ勢いの両方を刈り取る戦法である。
しかし、失敗リスクが大きいので、積極的にやる戦法ではない。

◆受けの両建て(同 初段以上)
上げトレンドの押し目底を狙った買い一枚が、更に踏み下げられそうな場合、
その瞬間、両建てしておいて、買いタイミングのずれを補正するとともに、
予測外の下げ落差と次に来る上げ勢いの両方を刈り取る戦法である。
または、下げトレンドの戻り頂点を狙った売り一枚が、更に踏み上げられそうな場合、
その瞬間、両建てしておいて、売りタイミングのずれを補正するとともに、
予測外の上げ分と次に来る下げ勢いの両方を刈り取る戦法である。
失敗リスクが小さいので用いても良いが、
基本は、押し目底や戻り頂点への狙い澄ました片建てとすべきである。

◆比重乗せナンピンの守備範囲(同 初段以上)
押し目底、戻り頂点を狙った建玉が逆行した場合、
損切りから立て直しすべきだが、やむを得ず、
両建てと比重乗せナンピンでプラス返済を目指すこともある。
たとえば、損切りを190円/枚、最大建玉数10枚で、
同 初段以上なら、
逆行から半分程度せば、何とかなる可能性がある。
ただし、過剰比重乗せナンピンや一点多数枚がけをやらない場合に限る。

◆エントリーは1枚スタートナンピンを基本とし、
返済はヒットアンドアウェー(長く持たず、1ボラ毎に刈り取る)とすること。

◆損切りの考え方
損切り後、必要に応じて再度同方向に建てる場合もあれば、
逆方向に立てる場合もある。
なお、損切り後、再度同方向へ建てた場合、
損切りしなかったことと同じであり、
有利なポジションに体位を入れ替えた分だけ得する。

◆ハンディ
TRADERS CLOUD(オートレ)の約定時間とオートレの操作性(シストレ専用の作り)。
一般の証券会社の約定時間は1/1000秒単位であるのに対し、
TRADERS CLOUD(オートレ)の約定時間は8〜20秒(相場急変時ほど長い)だからです。
これに加え、会員が複数付いた場合に、
もっとも不利な約定額をトレーダーの取引履歴と一致させるためのタイムラグがあります。

さらに、同タイムラグ中、同方向への連続注文禁止。
違反すると当該建玉を没収し、最大同時建玉数を制限する縛りもあります。
たぶん、連続注文=熱くなっている証拠。
だから、▲ドカーンとやる前に最大同時建玉数を制限して、
「やる気をそぐ」ということだと思います。
おかげて、相場急変時に逆玉の損切りから機敏な建て直しは不可能。

この制限自体にムカついて▲ドカーンとやる方法はいくらでもあるのに、
まったく意味不明なペナルティー・・・。
私がいずれ去るとしたら、原因はタイムラグではなく、このムカつくワナですかね。

そもそも、EAやシストレは単なる固定化された物差しであり、
肝心のそれらを操る能力が存在しません。

よって、能力一定を大前提とする大数の法則は成り立たず、
それらの実績をどの瞬間、hasan.exeで検証してもまったくの無意味。
ついでに、同様の意味で最適化(フィッテング)もまったくの無意味。
hasan.exeが算出する対象は、「能力」であり「偶然」ではない。

何をどうあがこうか、
資金が大きいほどショックが大きいという事実だけ残るでしょう。

直近3ヶ月の実績は、
n=924
勝率63%
PF=1.0
ペオレ=0.6
勝ち額 1,150,500円
負け額 1,151,000円

以上の条件なら、下図の通り、
資金100万円なら破産しやすく、
200万円なら破産しにくいそうな・・・。
いかにも、フィーリング段位 初段という感じですね・・・。
キャプチャ1
キャプチャ2

キャプチャ
年月 NO 決済日 円/枚 手/損 損益 手数料 実損益 勝率 PF ペオレ 勝回 勝額 勝平均 負回 負額 負平均
2019_07 1 2019/7/22 - 11 11 -35 176% 500 -880 -380 45% 1.1 1.3 5 5,000 1,000 6 -4,500 -750
2019_07 2 2019/7/23 - 3 3 753 10% 2,500 -240 2,260 100% 0.0 0.0 3 2,500 833 0 0 0
2019_07 3 2019/7/24 - 3 3 920 8% 3,000 -240 2,760 67% 0.0 0.0 2 3,000 1,500 1 0 0
2019_07 4 2019/7/25 - 5 5 820 9% 4,500 -400 4,100 60% 0.0 0.0 3 4,500 1,500 2 0 0
2019_07 5 2019/7/26 - 9 9 -302 36% -2,000 -720 -2,720 33% 0.6 1.1 3 2,500 833 6 -4,500 -750
2019_07 6 2019/7/27 - 2 2 -580 16% -1,000 -160 -1,160 0% 0.0 0.0 0 0 0 2 -1,000 -500
2019_07 7 2019/7/29 - 3 3 1,087 7% 3,500 -240 3,260 100% 0.0 0.0 3 3,500 1,167 0 0 0
2019_07 8 2019/7/30 - 11 11 -853 10% -8,500 -880 -9,380 36% 0.5 0.8 4 7,000 1,750 7 -15,500 -2,214
2019_07 9 2019/7/31 - 7 7 706 10% 5,500 -560 4,940 86% 0.0 0.0 6 5,500 917 1 0 0
2019_08 10 2019/8/1 - 7 7 706 10% 5,500 -560 4,940 86% 12.0 2.0 6 6,000 1,000 1 -500 -500
2019_08 11 2019/8/2 - 28 39 394 17% 18,500 -3,120 15,380 68% 1.6 0.8 19 47,000 2,474 9 -28,500 -3,167
2019_08 12 2019/8/5 - 19 19 552 13% 12,000 -1,520 10,480 74% 2.0 0.7 14 23,500 1,679 5 -11,500 -2,300
2019_08 13 2019/8/6 - 14 14 670 11% 10,500 -1,120 9,380 64% 8.0 4.4 9 12,000 1,333 5 -1,500 -300
2019_08 14 2019/8/7 - 9 9 1,198 6% 11,500 -720 10,780 89% 5.6 0.7 8 14,000 1,750 1 -2,500 -2,500
2019_08 15 2019/8/8 15 19 -1,422 6% -25,500 -1,520 -27,020 60% 0.4 0.3 9 19,500 2,167 6 -45,000 -7,500
2019_08 16 2019/8/9 37 37 -1,296 7% -45,000 -2,960 -47,960 62% 0.5 0.3 23 46,000 2,000 14 -91,000 -6,500
2019_08 17 2019/8/13 - 29 29 868 8% 27,500 -2,320 25,180 79% 4.4 1.2 23 35,500 1,543 6 -8,000 -1,333
2019_08 18 2019/8/14 - 15 21 730 10% 17,000 -1,680 15,320 67% 35.0 17.5 10 17,500 1,750 5 -500 -100
2019_08 19 2019/8/15 - 13 13 2,228 3% 30,000 -1,040 28,960 92% 31.0 2.6 12 31,000 2,583 1 -1,000 -1,000
2019_08 20 2019/8/16 - 30 39 1,125 7% 47,000 -3,120 43,880 47% 1.9 2.2 14 99,000 7,071 16 -52,000 -3,250
2019_08 21 2019/8/19 - 19 19 631 11% 13,500 -1,520 11,980 68% 4.4 2.0 13 17,500 1,346 6 -4,000 -667
2019_08 22 2019/8/20 - 11 11 1,193 6% 14,000 -880 13,120 91% 0.0 0.0 10 14,000 1,400 1 0 0
2019_08 23 2019/8/21 - 18 18 142 36% 4,000 -1,440 2,560 61% 1.7 1.1 11 10,000 909 7 -6,000 -857
2019_08 24 2019/8/22 - 16 16 670 11% 12,000 -1,280 10,720 56% 2.0 1.6 9 23,500 2,611 7 -11,500 -1,643
2019_08 25 2019/8/23 - 28 28 1,206 6% 36,000 -2,240 33,760 79% 4.4 1.2 22 46,500 2,114 6 -10,500 -1,750
2019_08 26 2019/8/26 11 37 -2,242 4% -80,000 -2,960 -82,960 27% 0.1 0.4 3 13,500 4,500 8 -93,500 -11,688
2019_08 27 2019/8/27 - 22 22 329 20% 9,000 -1,760 7,240 64% 1.6 0.9 14 23,500 1,679 8 -14,500 -1,813
2019_08 28 2019/8/28 - 14 18 1,337 6% 25,500 -1,440 24,060 64% 11.2 6.2 9 28,000 3,111 5 -2,500 -500
2019_08 29 2019/8/29 29 29 -3,080 3% -87,000 -2,320 -89,320 48% 0.1 0.1 14 14,000 1,000 15 -101,000 -6,733
2019_08 30 2019/8/30 20 24 -851 10% -18,500 -1,920 -20,420 35% 0.3 0.5 7 6,500 929 13 -25,000 -1,923
2019_08 31 2019/8/31 - 3 3 753 10% 2,500 -240 2,260 67% 0.0 0.0 2 2,500 1,250 1 0 0
2019_09 32 2019/9/2 - 3 3 587 12% 2,000 -240 1,760 67% 0.0 0.0 2 2,000 1,000 1 0 0
2019_09 33 2019/9/3 - 25 29 1,282 6% 39,500 -2,320 37,180 88% 27.3 3.7 22 41,000 1,864 3 -1,500 -500
2019_09 34 2019/9/4 - 11 17 449 15% 9,000 -1,360 7,640 55% 4.6 3.8 6 11,500 1,917 5 -2,500 -500
2019_09 35 2019/9/5 - 8 12 670 11% 9,000 -960 8,040 63% 0.0 0.0 5 9,000 1,800 3 0 0
2019_09 36 2019/9/6 25 36 -2,288 4% -79,500 -2,880 -82,380 40% 0.2 0.3 10 20,000 2,000 15 -99,500 -6,633
2019_09 37 2019/9/9 - 21 21 158 34% 5,000 -1,680 3,320 67% 1.6 0.8 14 14,000 1,000 7 -9,000 -1,286
2019_09 38 2019/9/10 - 4 4 170 32% 1,000 -320 680 25% 0.0 0.0 1 1,000 1,000 3 0 0
2019_09 39 2019/9/17 11 15 -2,613 3% -38,000 -1,200 -39,200 27% 0.1 0.3 3 5,500 1,833 8 -43,500 -5,438
2019_09 40 2019/9/18 12 12 -7,830 1% -93,000 -960 -93,960 17% 0.0 0.1 2 1,000 500 10 -94,000 -9,400
2019_09 41 2019/9/19 - 9 9 920 8% 9,000 -720 8,280 56% 10.0 8.0 5 10,000 2,000 4 -1,000 -250
2019_09 42 2019/9/20 - 13 13 2,266 3% 30,500 -1,040 29,460 85% 0.0 0.0 11 30,500 2,773 2 0 0
2019_09 43 2019/9/21 - 2 2 170 32% 500 -160 340 50% 2.0 2.0 1 1,000 1,000 1 -500 -500
2019_09 44 2019/9/24 - 10 10 570 12% 6,500 -800 5,700 70% 14.0 6.0 7 7,000 1,000 3 -500 -167
2019_09 45 2019/9/25 - 8 8 1,045 7% 9,000 -640 8,360 75% 5.5 1.8 6 11,000 1,833 2 -2,000 -1,000
2019_09 46 2019/9/26 - 19 19 341 19% 8,000 -1,520 6,480 74% 2.3 0.8 14 14,000 1,000 5 -6,000 -1,200
2019_09 47 2019/9/27 - 14 16 1,233 6% 21,000 -1,280 19,720 57% 3.5 2.6 8 29,500 3,688 6 -8,500 -1,417
2019_09 48 2019/9/30 - 7 7 420 16% 3,500 -560 2,940 57% 8.0 6.0 4 4,000 1,000 3 -500 -167
2019_10 49 2019/10/1 33 33 -1,716 5% -54,000 -2,640 -56,640 52% 0.4 0.4 17 33,500 1,971 16 -87,500 -5,469
2019_10 50 2019/10/2 - 11 15 -47 240% 500 -1,200 -700 36% 1.1 1.9 4 6,000 1,500 7 -5,500 -786
2019_10 51 2019/10/3 - 40 40 1,420 5% 60,000 -3,200 56,800 68% 4.1 2.0 27 79,500 2,944 13 -19,500 -1,500
2019_10 52 2019/10/4 - 27 27 1,253 6% 36,000 -2,160 33,840 78% 4.6 1.3 21 46,000 2,190 6 -10,000 -1,667
2019_10 53 2019/10/7 - 19 19 262 23% 6,500 -1,520 4,980 63% 1.7 1.0 12 16,500 1,375 7 -10,000 -1,429
2019_10 54 2019/10/8 28 28 -4,223 2% -116,000 -2,240 -118,240 50% 0.2 0.2 14 25,000 1,786 14 -141,000 -10,071
2019_10 55 2019/10/9 - 12 12 962 8% 12,500 -960 11,540 75% 6.0 2.0 9 15,000 1,667 3 -2,500 -833
2019_10 56 2019/10/10 - 6 6 837 9% 5,500 -480 5,020 83% 6.5 1.3 5 6,500 1,300 1 -1,000 -1,000
2019_10 57 2019/10/11 - 13 13 882 8% 12,500 -1,040 11,460 77% 26.0 7.8 10 13,000 1,300 3 -500 -167
2019_10 58 2019/10/15 - 15 20 645 11% 14,500 -1,600 12,900 60% 3.1 2.0 9 21,500 2,389 6 -7,000 -1,167
2019_10 59 2019/10/16 - 12 14 956 8% 14,500 -1,120 13,380 67% 3.6 1.8 8 20,000 2,500 4 -5,500 -1,375
2019_10 60 2019/10/17 - 28 57 25 76% 6,000 -4,560 1,440 75% 1.1 0.4 21 57,500 2,738 7 -51,500 -7,357
2019_10 61 2019/10/18 - 17 19 446 15% 10,000 -1,520 8,480 65% 3.2 1.8 11 14,500 1,318 6 -4,500 -750
-- -- 合 計 - 924 1,061 -80 16976% -500 -84,880 -85,380 63% 1.0 0.6 579 1,150,500 1,987 345 -1,151,000 -3,336

NO 年月日 保有時間 保有区分 エントリー日時 建値 返済日時 返済値 損益
1 2019/10/18 00:19 ③10~30分 1 2019/10/18 22:29 22,490 2019/10/18 22:47 22,510 -2,000
2 2019/10/18 00:15 ③10~30分 2 2019/10/18 22:13 22,515 2019/10/18 22:27 22,490 5,000
3 2019/10/18 00:11 ③10~30分 1 2019/10/18 22:07 22,495 2019/10/18 22:17 22,515 2,000
4 2019/10/18 00:21 ③10~30分 1 2019/10/18 22:06 22,495 2019/10/18 22:27 22,490 500
5 2019/10/18 01:03 ⑤1~5h 1 2019/10/18 21:01 22,520 2019/10/18 22:04 22,505 1,500
6 2019/10/18 01:19 ⑤1~5h 1 2019/10/18 20:58 22,520 2019/10/18 22:17 22,515 -500
7 2019/10/18 00:08 ②5~10分 1 2019/10/18 20:35 22,530 2019/10/18 20:43 22,520 1,000
8 2019/10/18 00:08 ②5~10分 1 2019/10/18 20:22 22,525 2019/10/18 20:30 22,520 500
9 2019/10/18 02:00 ⑤1~5h 1 2019/10/18 20:17 22,535 2019/10/18 22:17 22,515 -2,000
10 2019/10/18 00:11 ③10~30分 1 2019/10/18 20:05 22,525 2019/10/18 20:16 22,535 1,000
11 2019/10/18 00:02 ①5分以内 1 2019/10/18 20:04 22,525 2019/10/18 20:05 22,525 0
12 2019/10/18 00:13 ③10~30分 1 2019/10/18 19:41 22,510 2019/10/18 19:53 22,515 500
13 2019/10/18 00:17 ③10~30分 1 2019/10/18 18:56 22,510 2019/10/18 19:13 22,510 0
14 2019/10/18 00:05 ②5~10分 1 2019/10/18 18:38 22,515 2019/10/18 18:42 22,520 500
15 2019/10/18 00:27 ③10~30分 1 2019/10/18 18:26 22,515 2019/10/18 18:53 22,510 500
16 2019/10/18 00:19 ③10~30分 1 2019/10/18 17:54 22,515 2019/10/18 18:13 22,500 1,500
17 2019/10/18 00:05 ②5~10分 2 2019/10/18 17:27 22,495 2019/10/18 17:32 22,495 0
--- --- --- --- 19 手数料 ▲1,520 ハチャ(手/損) = 15% 損益 10,000

その通りですね。
しかし、難しいと思います。

その理由は、ターゲットとなる長期右上がり安定トレーダー自体が存在しないから。
取引には、デイトレ、スイング、短期、中期、長期とありますが、
まず、デイトレは選択肢から外れます。

その理由は、約定時間とオートレの操作性(シストレ専用の作り)。
一般の証券会社の約定時間は1/1000秒単位であるのに対し、
TRADERS CLOUD(オートレ)の約定時間は8〜20秒(相場急変時ほど長い)だからです。
加えて、同タイムラグ中、同方向への連続注文禁止。
違反すると当該建玉を没収し、最大同時建玉数を制限する縛りもあります。
たぶん、連続注文=熱くなっている証拠。
だから、▲ドカーンとやる前に最大同時建玉数を制限して、
「やる気をそぐ」ということだと思います。
この制限自体にムカついて▲ドカーンとやる方法はいくらでもあるのに、まったく意味不明なペナルティーですが・・・。
私がいずれ去るとしたら、原因はこれですかね。

さて、残るスイング、短期、中期、長期については、
約定時間が長い件は、あまり問題ではありませんが、
保有玉を返済するまでの待ち時間が長く運の要素も大きいので、
毎日の取引を期待する大部分の会員からは、敬遠されがちです。
料金体系も、日単位(チケット制)か月単位となっていますので、
トレーダーの取引自体が少ないと会員にメリットがありません。


ちなみに、知名度を上げるとどうなるか?

諸刃の剣ですね。
結果は「期待通り」か「期待を裏切る」かの二つに一つ。
後者だと「悪の知名度」を上げただけで、
自ら望んで致命傷を負うことになるでしょう。

そういう意味では、
無口なTRADERS CLOUDは賢いと思います。

言わずと知れたことですが、
私が「+40万超えまでは、近づかないように」と再三繰り返す理由は、
現段階では「期待を裏切る」ことが火を見るよりも明らかだからです。

以上、もろもろありますので、
たとえ、有名トレーダーを勧誘したとしても、難しいと思います。

派手に暴れる戦い方も、取り入れる予定です。
この辺は、能力との兼ね合いなので、
その日(+40万上抜け)が来るまでは、
訓練時間を稼がなければならないので、
密かに目立たないようにチビチビ張ることにします。

時々▲ドカーンとやるなら、もっと訓練が必要というサインなので、
今は近づかないように。

昨晩は、デイトレを始めた時刻が、2019/10/17 18:47でしたので、
MACDの強さに惚れ込んで、買ってしまいました。
しかも、過剰比重乗せナンピンで。
もし、普通の比重乗せナンピンで入ったのなら、
逆に振られても「半分戻せば何とかなる法則」により、安全勝ちでしたが・・・。
結局、私が実践するデイトレは、完全未来分析型なので、
予測が外れると▲ドカーンとなります。

キャプチャ

このページのトップヘ